トイプードルを飼う!そんな方へ私のトイプードルとの暮らしを紹介します。

くらし
スポンサーリンク

これから「トイプードルを飼う!」と思っている方へ

犬の中でも人気の高いトイプードル。

そんなトイプードルを飼おうと思っている方は多いと思います。

この記事では、実際に私が飼っているトイプードルの事や、トイプードルとの生活の中で感じている良いこと・悪い所などを紹介したいと思います。

トイプードルを飼ったきっかけ

私は2年ほど前からトイプードルを飼っています。知人から「元気過ぎて手に負えない」と言われ、うちに迎え入れる事となりました。

名前は「コジロウ」といいます。

普段は「コジ」と呼んでいます。

うちのトイプードルの性格

うちのトイプードルはとてもやんちゃです。

今までポメラニアンやダックスフンド、雑種犬を飼ったことがありますが、こんなに元気な犬は初めてでした。

ケージ内で暴れてケージに飛びかかるので、ケージが動いて家の壁紙が剥がれたこともありました(泣)

最近は少し落ち着きましたが、一度興奮すると、トイレシーツもグチャグチャ、ウンコも踏み散らかして大変です。

うちのトイプードルの自慢

うちのトイプードルの自慢ですが、芸をすぐ覚えてくれます。

おやつのご褒美有りだと、3日ぐらいでだいたい覚えてくれました。

芸が出来るようになると、お互い心が通じ合えた気がして絆が深まります!

ちなみに、今出来る芸は

  • おすわり
  • おて・おかわり
  • 待て
  • 伏せ
  • ごろーん(仰向けに寝る)
  • おまわり(その場で1周回る)
  • ハウス

です。

今はジャンプを習得中です。

うちのトイプードルの残念な所

残念なところといえば

落ち着いている時はトイレも上手だし、賢くて可愛いのですが、一度興奮すると手に負えないぐらい暴れる所ですかね。

でも、年齢とともに落ち着いてきたと思います。興奮しても小さい頃に比べると言うことを聞いてくれるようにはなりました。

飼ってよかったと思うところ

家の中がにぎやかになりました。

4歳になる子供がいるのですが、よくつかみ合って遊んでいます。

子供が物心がつく頃から犬の暮らしており、犬との生活を通じて思いやりや気遣いが出来るようになっています。

小さな子供には、動物と一緒に生活することは

心の成長にプラスになります。

必要なもの・あったらいいもの

ケージ

普段は放し飼いにしていても、寝る時や留守番のときはケージに入れたほうがいいです。誤飲したり、不意の粗相を防ぐことができます。

トイレ

必ず必要です。うちでは飛び散り防止とちょうどいいサイズのトイレが欲しかったので、プラスチックダンボール(プラダン)で自作したトイレを使っています。

餌入れ・給水器

餌入れはスチール製のものを使っています。(プラスチック製だと噛み壊しました)給水器は、ペットボトルが使えるものを使用しています。

ごみ箱

ごみ箱は、犬用の「パッドロッカー」というごみ箱を使っています。臭いがもれないのでオススメですよ。

消臭スプレーなど臭い対策グッズ

消臭スプレーは、ネイチャーズミラクルのものを使っています。ちょっとした床の拭き掃除にも使えるのでおすすめです。うちでは2種類のものを使い分けています。

さいごに

今回は私が実際に飼っているトイプードルについて紹介しました。

うちのトイプードルはとても元気ですが、犬にも個性があるのでいろんな性格のトイプードルがいると思います。

もしペットショップなどで飼う際には

何度も足を運んで性格を見極めたほうが良いですね。

気の合うトイプードルと巡り会えるといいですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました