口臭や歯石の原因に?!トイプードルの歯磨きの仕方とデンタルケアアイテム3選

グッズ
歯ブラシ
飼い主さん
飼い主さん

わんちゃんって歯磨きが必要?

コジロウ
コジロウ

もちろん!口の中を清潔に保つのは重要なんだ!

トイプードルも人間と同じように「歯磨き」が必要であることをご存知ですか?

トイプードル小型犬で口が小さいため、歯周病や歯肉炎になりやすいのです。しかし、飼い主がしっかりケアをしてあげれば、これらの病気を防ぐことができます。また、口臭の予防にも役立ちます。

今回は、トイプードルの歯磨きの仕方おすすめデンタルケアアイテムについてご紹介します。

トイプードルの歯磨きの仕方

犬の歯

トイプードルも人間と同じように歯ブラシを使って歯を磨きます。犬用の歯磨きもありますが、お口の大きさによっては、もっと小さいサイズで人間の子供用(赤ちゃん用)の歯ブラシも使用できます。ブラシも柔らかくて使いやすいです。

歯磨きの手順

口を触ることに慣れさせる

「さあ、口を開けてください。」と言われて、素直に開けるのは人間くらいです。ワンちゃんは、口の中に指を入れることを嫌がります。普段の生活の中で、鼻や口に触れたり、唇を持ち上げたりして、口の周りを触られることに慣れさせましょう。

無理矢理触ったり、叱ったりしてはいけません。嫌がらず我慢ができたら、おやつを与えてたくさん褒めてあげましょう。

ガーゼで歯磨き

口を触ることに慣れてきたら、次はガーゼで歯を磨いてあげましょう。いきなり歯を口に入れるのは難しいので、初めはガーゼが良いです。指サック型の歯磨き布も使用できます。

磨き方は、いたってシンプル。指にガーゼを巻き、ぬるま湯か水をたくさんつけます。もう一方の手で、鼻顎をつかみながら歯と歯茎をマッサージするように磨いていきます。

歯ブラシで歯磨き

ガーゼの時と異なり、歯ブラシを口に入れると嫌がる犬も多いですが、歯磨きの効果が高いので少しずつ慣れさせましょう。

磨きやすい前歯や歯の外側から磨いていきます。次に、口の中、歯の内側を磨いていきます。ゴシゴシしすぎると歯茎に傷ができてしまいます。優しく磨いてください。

歯磨きの頻度

理想は、毎日一回することです。食事をすると食べカスが歯について歯垢になります。歯垢を放置しておくといずれ歯石へと変化します。歯石の除去は動物病院で全身麻酔をしなければいけません。小さなトイプードルの身体に全身麻酔をするのは、負担がかかります。また、費用もかかり、飼い主さんへも負担がかかります。

しかし、どうしても毎日は難しい場合には、2~3日に一度でも構いません。少しでも歯垢がつかないように、歯磨きガムを噛ませて口腔ケアをしましょう。

トイプードルのデンタルケアアイテム 3選

実際に愛犬のトイプードルに使用しているケアアイテムをご紹介します。

歯ブラシ

人間と同じ型の歯ブラシ、指サック型の歯ブラシなど、いろいろな形がありますが、360度ブラシなっているものをおすすめします。この型の歯ブラシを使用すると、口の中で歯ブラシを転がしたり、ワンちゃんが噛んだりするだけで、自然に磨くことができます。愛犬のトイプードルの口の大きさに合うヘッドのブラシをえらんでください。

デンタルジェル(歯磨き粉)

歯磨きの効果を高めるために、デンタルジェルを使用します。デンタルジェルの中には、味があるものもありますが、ワンちゃんによって好き嫌いがあります。無香料のものを選ぶと良いでしょう。ほとんどの歯磨き粉は、口をすすぐ必要はありません。

人間用の歯磨き粉を使うのは危険です。

人間用の歯磨き粉には、ほとんどキシリトールが含まれてます。しかし、ワンちゃんにとってキシリトールは有害で、摂取してしまうと低血糖、痙攣などの症状が現れます。犬用の歯磨き粉を使用しましょう。

歯磨きガム

ワンちゃんが噛むことで歯石を除去することができます。また、唾液の分泌が促され、口内をきれいに保つ効果もあります。種類によって硬さや大きさが異なります。トイプードルなどの小型犬は食道が狭いので、必要に応じて小さくしてから与えたり、ガムの端を持ったまま与えたりしましょう。丸呑みや誤飲をすると、のどを詰まらせたり、消化不良になったりしてしまいます。

歯磨きの後にこのガムを噛めば、磨き残しをケアすることもできますし、わんちゃんにとってはご褒美になります。

まとめ

笑う犬

今回は、トイプードルの歯磨きの仕方とデンタルケアおすすめ商品について紹介しました。歯磨きはブラッシングやシャンプーなどと同様に、愛犬のトイプードルの健康のためにも欠かせないケアの一つです。今回ご紹介した商品を参考に、ワンちゃんに合ったデンタルケアをしましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました