【ウェット?ドライ?】ドッグフードのタイプ(種類)は?タイプ別の特徴・用途を紹介

ドッグフード
スポンサーリンク

ドッグフードには、硬いものや缶詰めに入った生タイプのものなど

いろいろなタイプのものがあります。

タイプ別の特徴やおすすめを紹介します。

ドッグフードは4タイプに分類される

ドッグフードは、おおきく

  • ドライタイプ
  • ソフトドライタイプ
  • セミモイストタイプ
  • ウェットタイプ

の4タイプに分類されます。

それぞれの特徴やおすすめをかんたんに表にしました。

  水分量 価格 おすすめ 長所 短所
ドライ 10%程度 安い すべての犬に バランスの良い栄養。虫歯になりにくい 飽きやすい
ソフトドライ 25〜35%程度 少し高め 幼犬 やわらかい カビが生えやすい
セミモイスト 25〜35%程度 少し高め 老犬・食欲がない犬 やわらかい・食いつきが良い 保存期間が短い
ウェット 50%以上 高い ご褒美・食欲がない犬 食いつきがとても良い 高価

ドライタイプの特徴

保存期間が長く、ほかのタイプに比べると値段が安いのが特徴です。

固形になっていて、ドッグフードとして一般的に多く使用されているタイプです。

栄養のバランスが良いものが多く、

歯に食べカスが付きにくいので虫歯になりにくいところもメリットです。

水分含有量が少ないので、水と一緒にあげるようにしましょう。

デメリットとしては、飽きやすいところです。

たまに他のタイプのものと混ぜて与えたり、違う種類のドッグフードに変えたりして工夫しましょう。

ソフトドライタイプの特徴

ドライタイプを柔らかくしたような食感のタイプです。

やわらかいので歯が育っていない子犬におすすめです。

セミモイストタイプの特徴

半生タイプと書かれたドッグフードがこのタイプです。

ドライタイプに比べて食いつきがよく、柔らかい触感のため

老犬におすすめです。

ウェットタイプの特徴

生肉のような食感で、缶詰で売られています。

とても食いつきが良いですが、高カロリーなものが多く

値段も高いので、ご褒美などでたまに与えるようにするのがおすすめ

封を開けると日持ちがしないので、早く与えるようにしましょう。

さいごに

今回は、ドッグフードのタイプについて

特徴と用途を紹介しました。

この記事を参考にすれば

犬の年齢や健康状態に合わせて

効果的にドッグフードを与えてあげることができます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました