トイプードルに合ったゲージの選び方について。〜オススメの4つをご紹介〜

飼い方・育て方

トイプードルを飼い始めたんだけど、ゲージは必要なのかしら?

コジロウ
コジロウ

ゲージはあると色々な場面の時に役にたつよ。最初のうちからゲージに慣れさせておくのも必要だよ。今はいろんなゲージがあるから紹介するね。

今人気のトイプードル。

普段の生活でゲージは必要なの?と思ったりしますよね。

ですが、飼っていく上で基本的に必要となってくる場面が出てきます。

そこで、トイプードルに合うゲージの選び方をご紹介したいと思います。

ゲージはなぜ必要なのか

まずはゲージの必要性についてお伝えします。

愛犬のリラックス出来る空間作り

普段から「ハウス」などのしつけをし、ゲージでおやつを食べることで「ここは安心できる場所」と認識してくれます。

ワンちゃんも時には自分だけの場所で過ごすことでリラックスでき、ストレスのない毎日を送ることができます。

逆に叱った後で罰としてゲージに閉じ込めると、ゲージが嫌いになってしまいますので注意しましょう。

\ 楽しくしつけを学んで、犬との幸せな関係を /

普段からゲージに慣れてもらう

留守番の時や、急にペットホテルに預けなければならなくなった時などのために普段からゲージに慣れておくと安心です。

飼い主さんと離れるだけでも不安になってしまうのに、急に狭いゲージに入れられてしまうと慣れていないとストレスが大きくなってしまいます。

ですが、普段からゲージに慣れているとストレスは少なくて過ごせるでしょう。

イタズラ・事故防止

特に子犬の時などは、好奇心旺盛のやんちゃ盛り。

留守の時や、夜寝ている間の時だけでもイタズラし放題になってしまいます。

毎回毎回飼い主さんも片付けるのは大変ですよね。そんな時にゲージで過ごしてもらえればイタズラを防ぐことが出来ます。

また、小さな物が床に落ちていると誤飲してしまう恐れなども考えられます。そういった事故防止にもゲージは役に立ちます。

ゲージの選び方

ゲージの大きさ

ゲージの大きさは、トイレと寝る時のスペースを確保できる大きさであることが必要となってきます。

幅は90㎝は最低あるといいでしょう。

できれば、トイレと寝る場所が離れている(幅120㎝以上)ものか、仕切りがある物の方が衛生面的にも良い空間になります。

また、トイレのしつけもしやすく、成犬になると幅が90㎝だと狭くなってしまう場合もあるのでスペースを確保できるならおすすめです。

特に長い時間お留守番する事が多いなら、大きいゲージでないとストレスがかかりやすくもなりますので、ライフスタイルにあった大きさを選ぶようにしてください。

ゲージの高さ

トイプードルはジャンプ力があります。

体格にもよりますが、高さが低いゲージはあまりオススメ出来ません。

高さ70㎝くらいのものか、脱走をしないように屋根になるところを防ぐ工夫をしなければなりません。

また、ゲージの中にキャリーやベッドを置くとそれらを踏み台にしてゲージから出て行く可能性があるので注意が必要です。

ゲージの中に必要なもの

ゲージを使うとともに、ゲージの中にも置いといてあげないといけない必要最低限のものがあります。

ベッド

トイプードルは寒がりなので、ベッは冬場は必ず必要になります。保温性の高いものをオススメします。

ゲージの下敷がプラスチックトレイの場合は冷えますので、冬用のマットを敷いてあげたり床の間に何か挟んであげて寒く内容にしてあげて下さい。

コジロウ
コジロウ

トイプードルは寒さに弱いから、ゲージ自体を暖かい場所に置いてあげてね。隙間風の入り込む場所は注意してね。

給水器

ゲージ内でも水分が摂れるように給水器は必要です。

お皿にお水を置いておくと、こぼしたりしてしまう場合があるので給水器の方が良いでしょう。

トイレ

ゲージの中でトイレトレーニングするためにも必要です。

用を足してたらこまめに綺麗にしてあげ、清潔を保ってあげましょう。

トイレはゲージの中の端に置いて下さい。

オススメのゲージ

アドメイトヴィラフォートサークル

トイレと寝る場所が柵で別れていて、幅も130㎝と十分な空間が確保出来ます。

高さも70㎝、屋根もあるので安心オススメです。

アイリスオーヤマ・ナチュラルファニチャーペットサークル

幅は122㎝、高さ62㎝なのでベッドやトイレを設置しても余裕のある幅広サイズのものです。

家具のようなデザインなのでお部屋にも馴染みやすく、デザイン重視したい時にオススメです。

屋根付きなので、上に写真やインテリアを飾る事も出来ます。

アイリスオーヤマ・ルームゲージ

天板が大きく開き、愛犬のご飯の出し入れもお手入れもスムーズに出来ます。

ドアロックは片手で解除できるので、ご飯を持ちながらでも開けれます。本体は6

キロありますが、キャスター付きなので楽に動かせゲージ周りのお掃除もスムーズに出来ます。

幅は68㎝、高さは52㎝とそこまで広くないですが、ゲージを移動させることが多い場合はオススメです。

アイリスオーヤマ・折りたたみソフトゲージ

幅67㎝、高さ56㎝のいざという時にでもサッと広げて使える、人気の折りたたみゲージです。

軽くて通気性もよいメッシュの生地で出来ています。

普段はゲージは使わず過ごしていても、来客が来た時や災害時用として使いたい時にオススメです。

かさばらず持ち運びにも便利なゲージです。

まとめ

ゲージは飼い主さんとワンちゃんにとって必要なグッズですね。

お互いがストレスなく毎日気持ちよく過ごして行くためにも、お家のスペースも考慮しながらライフスタイルに合ったゲージ選びをして下さいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました