犬と猫、飼うならどっち?それぞれの特徴を紹介

くらし
スポンサーリンク

犬の特徴

犬の特徴は、人懐っこいです。怒った口調で話しかけると落ち込んだ表情をしたり、褒めた口調で話しかけると喜んだり、心が通じ合う事を実感できます。

相手をしないとストレスが溜まったり、散歩が必要など、犬は飼い主に対して依存性が高いです。

犬を飼う場合、ちゃんと犬と接する時間を確保する必要があります。

友達と遊ぶ時間や、趣味の時間を第一に優先させたいなら、犬を飼うことはおすすめ出来ません。

私のイメージとしては、人間の赤ちゃんに近い気がします。

良いところ

  • 人懐っこい
  • いろいろな芸を覚えてくれる
  • 一緒に遊べる
  • 一緒におでかけしやすい(キャンプや海など)

犬の良いところは、色々なことを一緒に分かち合えることです。絆を感じる事ができます。

悪いところ

  • 吠えるとうるさい
  • トイレトレーニングが必要
  • トイレを失敗しがち
  • 部屋が汚れやすい
  • 散歩
  • 長時間の留守番が出来ない

犬を飼う上での悪いところは、とても世話がかかることです。犬を飼うということは、子供が一人増えると思ったほうが良いです。特にトイレと無駄吠えに関してはノイローゼになる方もいます。

しつけが得意な犬種や吠えにくい犬種を選ぶのもよいでしょう。

猫の特徴

猫の特徴は、なんといっても「ツンデレ」でしょう。たまに甘えてくる感じがたまりません。また、犬と比べて手がかかかりません。餌と水さえ用意しておけば自由に生きてくれます。

自由な性格で人に依存しないので、一緒に遊んだり出掛けたりするのは犬と比べて難しいです。

自由な猫の仕草を見て癒やされるのが一番の楽しみだと思います。

私のイメージとしては、お互いかまってほしいときだけ甘える都合のいい愛人といったところでしょうか。

良いところ

  • 犬に比べて手がかからない
  • 普段はそっけないが、たまに甘えてくる
  • トイレが上手
  • 散歩しなくてもよい
  • 基本放置でOK(餌と水の用意は必要です)

猫の良いところは、手がかからない事です。トイレを覚えるのも上手なので苦労することはないと思います。

悪いところ

  • 壁を傷つけがち
  • 床を傷つけがち
  • そっけない
  • よく無視される

猫の悪いところは、壁や床を引っ掻いて傷付ける事がよくあります。爪とぎ用のグッズなどを用意しましょう。

犬と違って、優しく声をかけたりしてもほぼ無反応です・・・。横目で「何言ってんだ?この人は」と言いたそうな表情で返してきます・・・。

まとめ

今回は、自分が実際に飼っていた経験を踏まえて、犬と猫の特徴を紹介しました。

犬と猫、どちらも生き物なので軽い気持ちで飼うことはおすすめしませんし、世話をする覚悟をもって飼いましょう。

初めて飼う方や忙しい方には、比較的手のかからない猫のほうがおすすめです。

家族がいる家庭、特に小さな子供がいる家庭では犬をおすすめします。きっと兄弟のような関係で犬と接する事ができますよ。

因みに、私は犬を飼った時に無駄吠えとトイレトレーニングで大変苦労しました・・・。

それでも私は、一緒に色んな事を体験できて心が通じ会える気がする犬の方が好きですけどね。

参考になれば嬉しいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました