トイプードルなのにでかい!大きくなるトイプードルの秘密【先祖返り】

トイプードルなのに でかい 特徴・習性

トイプードルって言われてたのに、

うちの犬すごくでかくなっちゃった。

トイプードルって間違いだったのかな?

コジロウ
コジロウ

トイプードルでも大きく育つ子はみんなが

想像してるより多いんだよ。

実はプードルっていう犬種特有のものが原因の

可能性もあるんだ!

ペットショップやブリーダーで“トイプードル”と説明を受け、血統書にも“トイプードル”と書かれているにも関わらず、とても大きく成長してビックリしたという話をよく聞きませんか?

「トイプードルなのにでかい!」と驚かれる方も多いかもしれませんが、トイプードルという犬種では意外とよくあることなのです。

何故、そういうことが起きてしまうのか、不思議なプードルという犬種から原因を探ってみましょう!

血統書の変更が出来る!?プードルの4つのサイズと血統書の秘密

トイプードルの他にも、プードルという犬種にはサイズがあるとご存じでしょうか?

JKCという血統書を発行している団体では、大きいサイズから、スタンダードプードル、ミディアムプードル、ミニチュアプードル、トイプードルの4つのサイズが登録されています。

このサイズのプードルについて詳しく見ていきましょう。

スタンダードプードル

スタンダードプードルは、最も大きいサイズのプードル。

全てのプードルの祖先になり、猟犬として活躍していましたが、現在は盲導犬等の補助犬としても活躍している犬種です。

体高45~60㎝ 体重約15㎏以上の大型犬

ミディアムプードル

ドッグショーでサイズを区別する為に指定されたサイズのプードル。

JKC(日本)では認められていますが、世界で見てみるとミディアムサイズの指定をしていない国も多数あります。

体高35~45㎝ 体重約8~15㎏の中型犬

ミニチュアプードル

スタンダードプードルを飼育しやすいように、小型化されたサイズのプードル。

サーカスで活躍している子はこのサイズの子が多く、ドッグスポーツでも活躍しているのを見かけます。

トイプードルの大きく育った子はこのサイズに入る子が多いですね!

体高28~35㎝ 体重約5~8㎏

トイプードル

ミニチュアプードルを小型化したサイズのプードル。

愛玩犬としてこのサイズまで小さくされましたが、知能や運動能力を維持したまま小型化に成功した犬種と言われています。

血統書の上では、タイニーやティーカップ、マイクロサイズと言われるプードルもトイプードルに分けられるのです。

体高26~28㎝ 体重約3㎏前後

先祖返りとサイズの変更

プードルの4つのサイズについて初めて知ったという方も、プードルを飼育する時に調べたから知っているという方もいるかもせれませんね。

そして、何かに気づきませんか?

ミニチュアプードルは、スタンダードプードルを小型化したサイズであり、トイプードルはミニチュアプードルを小型化したサイズ。

つまり、“先祖返り”とも言われますが、トイプードルが大きく育つのは、“ミニチュアプードルのなごり”なのです。

面白い犬種だと思いませんか?

ちなみに、これもプードルの特権ですが、実は、血統書を変更することが出来ます。

トイプードルがミニチュアプードルのサイズに成長したら血統書を、トイプードルからミニチュアプードルへ。

逆にミニチュアプードルがトイプードルのサイズで育てば、血統書をミニチュアプードルからトイプードルへ。

プードルたちは、決して自分のサイズを気にして生きてはいない訳ですが、個人的にはこの制度を含めプードルって面白いなと感じています。

もし、血統書のサイズ変更に興味があれば、JKCのHPをご覧ください。

JKC サイズによるバラエティの変更→https://www.jkc.or.jp/archives/faq/3768

友人のトイプードルは、2㎏以下のとても小さなサイズの子でしたが、兄弟に5㎏超えの巨大な子がいました。親は3㎏前後のトイプードルと聞いています。ブリーダーさんに引き取りに行った時には、笑いながら1頭すごい子が生まれたんだよねって見せてくれたそうです。仔犬の時から他の兄弟と比べ明らかにサイズが大きく、本当に兄弟なの?と目を疑ったと言っていました。

親の大きさによっても個体差が出るといえども、親が標準的なトイプードルでも大きい子や小さい子が生まれるもんなんだなと思った出来事です。

コジロウ
コジロウ

実はボクも先祖返りなんだ!

両親はトイプードルだけど、ボクは7キロオーバーのデカプーだよ!

食べ過ぎででかくなるは本当?健康から考えるトイプードルのサイズ

トイプードルが大きくなってしまうのは、仔犬の頃にごはんやおやつを食べさせ過ぎたのが原因と言われることがあります。

これは実際の所、本当なのでしょうか?

ペットショップやブリーダーで、サイズをキープする為、犬を購入した際ごはんの量を少なく指定してくることがあります。

しかし本来なら、仔犬の頃は、身体を作る為に必要な栄養を十分与え、成長に合わせてごはんの量を調整する必要があるのです。

トイプードルでも身体のサイズには個体差があり、サイズを小さくするのと痩せてしまうのは別なので、ごはんの量だけではサイズを留めておくことは難しいと理解して下さい。

ごはんの量を少なくした時に起こり得る問題
  • 栄養失調を起こし、免疫力が落ちて病気になりやくなる
  • 筋肉量が少なく、骨格がしっかりと作られなくなる
  • 最悪の場合、死に至ることがある

仔犬の頃は、消化器官が発達していないので、基本的に少量のごはんを1日3~4回に分けて与えます。

その際に、健康なのに便が緩くなってしまった、嘔吐してしまったということであれば逆に与えすぎの可能性もあります。

また、関節に負担がかかる程太らせるのも問題です。

ごはんの量は、飼い主さんが愛犬の様子を見ながら、痩せてしまうようであれば増やす、太り過ぎてしまえば減らすというように調整して健康な状態に保ってあげましょう。

まとめ

「うちの子、トイプードルなのにでかい!」となったら、「うちの子は先祖返りしてるんだな」と思って下さい。

大きく育つトイプードルたちを、デカプーの愛称で呼び可愛がっている方も多くいます。

“うちの子”になれば、でかくても可愛いものです。

何よりもサイズがどうであれ、プードルという犬種の魅力は失われません。

このブログで知ったでかいトイプードルたちの「先祖返り」の秘密を是非自慢してみて下さいね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました