犬の散歩。雨の日はどうする?散歩した方がよい?

くらし
スポンサーリンク

犬との生活の中で、楽しいひとときである散歩ですが、雨が降った日は散歩に行こうか迷うことでしょう。

犬の散歩は雨の日も行くべきなのか紹介したいと思います。

雨の日も散歩が必要な場合

外でしかトイレをしない犬

普段から散歩の時にトイレをしている犬ならば、たとえ雨の日でも散歩する必要があります。トイレを我慢させるとストレスも溜まりますし膀胱炎などの病気にかかってしまう可能性があります。

雨の日の問題だけでなく、後々老犬になって足が弱ってくる事を考えると、トイレは室内でするようにトレーニングしておく事をお勧めします。

ストレスMAXの犬

何日も雨の日が続いた場合でストレスがMAXの犬も、散歩してあげた方がいいかなと思います。

ただ、気をつけたいのは

要求に応える事で、要求すれば思い通りになると犬が覚えてしまうことです。

一度落ち着かせてから散歩に出るなど工夫してくださいね。

決まった時間に散歩をする習慣があると、「そろそろ散歩の時間だ」と犬も期待してしまうようになります。

普段から、散歩の時間を決めずにいたほうがストレスが溜まりにくくなります。

雨の日の散歩はいろいろ面倒くさい

基本的に雨の日の散歩は、晴れの日の散歩に比べて面倒くさいです。

  • 濡れて風邪を引く可能性がある
  • 乾かすのが大変
  • 汚れる
  • 自分(飼い主)も濡れる
  • 傘をささないといけない

正直、私は雨の日の散歩はしたくありません。面倒くさいのもありますが

何よりも雨で見通しが悪くなりますし、飼い主も傘を差したりすることで危険のリスクが多くなります。

犬の散歩グッズ(雨の日)

とはいえ、雨具等の犬の散歩グッズを使えば、雨の日の散歩もすごく楽になりますよ。

犬用レインコート

犬用のレインコートですが、全身完全防備のタイプや気軽に着せるポンチョタイプやフードも無いものなど色々なタイプのものがあります。

犬の性格に合ったタイプのレインコートを選んであげましょう。

犬用レインブーツ(長靴)

泥の汚れだけでなく、足の保護にも役立つレインブーツもあります。私はレインコートよりもこちらの方がよく利用しています。(小降りの際は相合傘で散歩しています)

足を洗わなくて済むのでとても楽になりますよ。

無理せず室内で遊んであげるのもよい

必ず散歩しなくても、代わりにちゃんと遊んであげてストレスを発散させてあげれば問題ないと思います。

私が雨の日によくやる遊ぶ内容は、

  1. 「ハウス」→「おすわり」を命令し、ケージ内に待機させる。
  2. しばらく待って、「おいで」と命令してダッシュさせる。
  3. 1,2を繰り返す

です。

犬も遊ぶ内容を分かっているので、ダッシュする時はものすごい勢いで飛びついてきますよ。

さいごに

今回は、雨の日の犬の散歩について記事にしました。

私は小降りの時は散歩しますが、雨が降ると散歩せずに代わりに家で遊ぶ事が多いです。

犬も遊んであげる事で喜んでいるようですし、無理に散歩する必要はないのかなと思っています。

雨の日に散歩した時は、風邪を引かないようにちゃんと乾かしてあげてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました