犬のしぐさで分かる!犬の気持ち。好感を持たれているしぐさ7選

くらし
スポンサーリンク

犬の気持ちはしぐさで判断できる

犬はとても表情豊かで、いろんなしぐさで飼い主に接してきます。

長く付き合えは付き合うほど、犬の気持ちも理解できるようになります。

犬のしぐさのうち、好感が持たれている時に行う7つのしぐさについて紹介したいと思います。

嫌われている?意外に間違いやすいしぐさもあります

人間のしぐさでは良くない行為でも、犬のしぐさとしては反対に良い意味でおこなう行為もあります。犬の愛情表現を誤って悪い方に受け取らないようにしたいですね。

しぐさ1 目をそらす

人間のしぐさとしては、目をそらす行為は良い印象ではありません。しかし、犬にとっては敵意がなく飼い主に従順している証拠です。

反省していたり、嬉しいときも目をそらすことがあります。

しぐさ2 前足を乗せてくる

前足を乗せてくるしぐさは、遊んで欲しい時や甘えたい時のしぐさです。ちょこんと膝に手を乗せて来られると可愛くて仕方がありませんよね!

ちなみに私の犬は叱った時もこのしぐさをします。

涙目で「許して!」て言っているような表情でこのしぐさをするので

「ちょっと怒りすぎたかな。」と思ってしまいます・・・。

しぐさ3 飼い主の口元を舐める

口元を舐めるしぐさは、甘えたいときのしぐさです。子犬が親に甘えるときも同じしぐさをします。

お腹が空いている時も飼い主の口元を舐めてアピールしますので、おやつをあげるのもいいかもしれませんね。

しぐさ4 鼻でコツンとつつく

甘えたように鼻でコツンとつついてくるしぐさは、飼い主を信頼している証拠です。普段から犬との信頼関係が築けていて、しつけも出来ているのでしょう。

飼い主にとっても、とても嬉しいしぐさの一つです。

しぐさ5 おなかをみせて寝転ぶ

犬にとっておなかは急所です。

その急所であるおなかをみせる事は、飼い主を信頼している証拠です。

おなかを見せながら身体をクネクネしたり、手招きするしぐさをする時は

かまって欲しいというサインです。おなかをさすってスキンシップをとってあげましょう。

しぐさ6 うしろを付いてくる

飼い主がトイレに行こうとした時や、なにか物を取りに席を離れた時などに

うしろから付いてくることがあります。飼い主のそばにいたいという気持ちが強い証拠です。

しぐさ7 飼い主の服の上で寝る

飼い主が脱いだ服の上で寝ていたり、近くに座ってくつろいでいたりすることがあります。

これは、飼い主のにおいを感じる事でリラックスしています。

加齢臭が気になりだした私ですが、

こんな私のにおいでも、リラックスしてくれると嬉しいですよね。

さいごに

今回は、犬のしぐさでも好感をもたれているしぐさを7つ紹介しました。

いろんなしぐさの意味を知ることで、犬の気持ちを理解することが出来るようになります。

そんな犬の気持ちを理解することで、信頼関係を深めていけたらいいですよね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました