トイプードルに牛乳をあげない方がいい?3つの理由について

ごはん

アニメや漫画で犬や猫に牛乳をやっているのを見るけど、人間用の牛乳をあげても大丈夫なのかしら?

そもそも、ミルク自体あげてもいいのかしら?

コジロウ
コジロウ

牛乳は、ペット用のもあるけどミルク自体あまりあげない方がいいらしいいよ。

アニメや漫画の影響で、犬に牛乳をあげてもいいと思っている方が多いと思います。

ペット用の牛乳も販売されていますが、牛乳は犬の健康にあまりよくないと言われています。

トイプードルに限らず、犬が牛乳を飲むとアレルギーや下痢など様々な症状を引き起こす可能性があります。

なぜ、牛乳が駄目なのか理由などを紹介します。

牛乳が良くないとされる理由

トイプードル レッド

トイプードルに限らず、犬は人間と同様に牛乳を体内で分解できずに下痢や腹痛を起こすことがあります。

人間も大人になって牛乳をのむと、下痢や腹痛などを引き起こしますよね?それと同じです。

全員がそうなるとは限りません。その子により牛乳を飲んでも平気な場合もあります。

しかし、犬に牛乳をあげるのは健康上あまりよくありません。「薄めた牛乳は?」と思う方もいるかもしれませんが、牛乳自体を避けた方がいいですね。

犬が牛乳を飲むことで引き起こされる症状や理由を紹介します。

下痢を起こしやすい

犬には、牛乳に含まれている乳糖を分解するラクターゼという消化酵素を少ししか持っておらず、ラクターゼの働く力が、弱いと言われています。これを乳糖不耐症といいます。

そのため、乳糖が分解されず、大腸に送られ腸内活動が活発化し、下痢や消化不良を引き起こします。

特に子犬の頃に牛乳を飲ませてしまうと重症化しやすいので、牛乳は避けましょう。

肥満になりやすい

牛乳は、100mlで57kcalとカロリーが高い飲み物です。カロリーの他に脂肪分も高く、愛犬の食事に、ドッグフード+牛乳を合わせるとカロリーオーバーします。

カロリーオーバーが続くと肥満になりやすいです。犬の肥満は、臓器への負担や糖尿病など他の病気の原因になります。

肥満予防のためにも牛乳は避けるべきですね。

牛乳アレルギー

牛乳を飲むと必ずアレルギーを引き起こすというわけではありません。

しかし、牛乳に含まれているタンパク質の「α1カゼイン」が、牛乳アレルギーの原因の可能性があります。

体質により少量飲んだだけでも、下痢や湿疹・痒みなどアレルギー症状が現れます。特に子犬の頃に発症すると、重度の下痢により脱水症状を引き起こす可能性があります。

アレルギーを放置すると、アレルギー症状の他に抜け毛や脱毛などにも繋がってしまいます。

もし、愛犬が牛乳を飲んだ時に、体を掻いたり、湿疹などアレルギー症状がみられたら、牛乳を飲ませず、すぐに病院に連れて行きましょう。

どうしても牛乳を飲ませたい場合

トイプードル レッド

その子により、牛乳に当たらない子もいます。牛乳禁止というわけではありませんが、栄養の事も考えて牛乳を飲ませたいと思っている方は、以下の事に注意しましょう。

  • 低脂肪・無脂肪の牛乳を選ぶ
  • アレルギーを起こさないか最初は少量だけ飲んでみる
  • 飲み物ではなくフードのトッピングとして少量のみとする

牛乳は、カロリーと脂肪分が高いので、太りやすいです。肥満にならないためにも低脂肪・無脂肪の牛乳を選びましょう。

大量に牛乳を飲むと、アレルギーの子はアレルギー症状を引き起こしてしまうので、最初は少量のみだけ飲んで、体調に変化がないか観察しましょう。

体調に変化がなくてもあくまで、牛乳は水代わりではなく栄養補給のためだという事を忘れないでください。

牛乳を飲料水替わりにできるのは、人間だけです。

中々、ドッグフードを食べてくれない時に、少量の牛乳を入れてふやかすといいでしょう。

牛乳を飲んでもらいたいと思っている場合は、ドッグフードにトッピングする方法がおススメですね。

ただ、犬の食物アレルギーは、いきなり発症するので、アレルギーになる可能性が高い牛乳などの食べ物は、禁止にしたほうがいいです。

常に、アレルギー症状が表れていないか観察しましょう。

牛乳を飲まないと健康に悪影響を与えるというわけでもないです。むしろ、逆に牛乳を飲む事で、健康に影響を与えてしまう可能性が高いですから。

もし、牛乳以外の乳製品を食べさせたいという場合は、ヨーグルトやヤギミルク、犬用ミルクの方が安心できるでしょう。

犬用のミルクは、乳糖が含まれていないので、乳糖不耐症の子でも飲めるようになっています。

ただ、犬用ミルクでも品質が悪い物もあるので、原産国や主原料がきちんと明記されている

国産のミルクを選びましょう。

まとめ

トイプードル アプリコット

絶対に牛乳を飲ませては、いけないというわけではないですが、犬は少量飲んだだけでも重症化しやすいです。

その子により体調に変化がない子もいますが、犬の食物アレルギーはいつ発症するか分かりません。

あくまで、牛乳は栄養の補助でありメインの食べ物ではありません。個人的には、愛犬に牛乳を飲ませるのは、やめた方がいいと思います。

どうしても牛乳を飲ませたいと思う方は、犬専用の牛乳を少量のみあげるようにしましょう。

牛乳をあげる時は、今回紹介したことを参考にしてみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました