犬がトイレを失敗する原因は?しつけのアドバイスも

しつけ
スポンサーリンク

犬を飼うにあたって、はじめに行うべきしつけはトイレのしつけです。

トイレのしつけが出来ていないと、いろいろな場所で粗相をしてしまいます。

臭いや後片付けに手を取られ、ノイローゼになるほどのストレスを受けることになるでしょう。

私もトイプードルを飼っており、いろいろなしつけをしてきましたが、重要なしつけの1つだと思います。

今回は

  • しつけしているが失敗してしまう
  • 最近になって失敗する回数が増えた

など、トイレの失敗の原因について紹介したいと思います。

また、実際に私がトイレのしつけをしてきて、気を付けた事や感じた事などを紹介したいと思います。これからトイレのしつけをする際のアドバイスになればと思います。

失敗の原因は・・・

トイレを失敗した時に叱る

トイレの失敗を叱る方が多いと思いますが、「トイレの場所を間違えている事」に対して叱ったつもりでも、犬にとっては「シッコ(ウンコ)した事」に対して叱られたと感じる事が多いそうです。

そうなると、隠れてトイレをしたり、人前でトイレしない犬になってしまいます。

人前でトイレをしなくなると、トイレのしつけをする事自体難しくなるので、失敗しても叱らないようにしましょう。

トイレが汚い

ある程度トイレを覚えているのに失敗してしまうのであれば、トイレが汚い事が原因かも知れません。

犬はキレイ好きだと言われています。汚れたトイレシートを踏むのが嫌で、トイレとは違う場所にトイレをしているのかも知れません。安い薄型のトイレシートよりも吸水性の良いトイレシートを使用したほうが良いです。

ちなみに、うちの犬は1度シッコをしたトイレシートの上には絶対シッコをしません。

対策としては、こまめにシートを変えてあげる事が1番ですが、トイレのサイズを大きくしてあげる事も効果的だと思います。

両面吸収×圧倒的な吸水力 今までにない新しいペットシーツ

トイレのしつけアドバイス

これからトイレのしつけを行う方へ、私が経験上感じた事を紹介します。

少しでも参考になれば幸いです。

トイレのしつけ方

まず、私が行ったトイレのしつけ方法は以下となります。

  1. 犬がトイレしたい仕草をしたら
  2. トイレの場所に犬を誘導し
  3. 終わった後犬を褒める

上記の事を、トイレの度に漏れなく行う事で、犬がトイレを覚えてくれるようになりました。

生活範囲を狭くする

トイレの場所が決まったら、トイレの近くを生活範囲として限定する方が良いと思います。

理由としては、失敗の回数を減らす・成功の回数を増やす事です。

覚えるまで徹底する(家族の協力が必須です)

トイレのしつけに限らず、犬のしつけを行う際に大切なのは、

「やってほしい事が出来たら(しつけしたい事が成功したら)褒める」

「失敗をさせない(失敗する環境を作る)」

を徹底する事だと思います。

家族がいる場合は、人によって犬との接し方がバラバラだったりします。

必ず家族全員が絶対にブレずに一貫してしつけを行う必要があると思います。

特に子供は、犬と遊びたがって甘やかしがちですが、トイレを覚えるまではグッと我慢してしつけを行う事が重要です。

まとめ

今回は、犬がトイレを失敗する原因についてと、私が行ったしつけのやり方を紹介しました。

犬がトイレを覚えてくれると、精神的にもすごく楽になり、犬との信頼関係も良くなると思います。

トイレを失敗するにも、きちんと理由があると思います。犬の気持ちになって考えてみるのも良いかも知れません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました