トイプードルの運動不足による問題と解消法【散歩に行かないとどーなる?】

健康
スポンサーリンク

毎日のお散歩。面倒くさいな~。

コジロウ
コジロウ

運動不足は万病の元。

ストレスも溜まるし、良い事なんて一つもないよ!

あなたのトイプードルちゃんは、運動不足ではありませんか?

「室内犬だから散歩に行かなくても大丈夫。」

これは間違っています。

運動不足は、ワンちゃんにとって様々な問題を引き起こします。

今回は、トイプードルの運動不足によっておこる問題と、その解消法をご紹介します。

運動不足が原因で起こること

運動不足は身体的にも精神的にも、様々な問題が生じます。

ワンちゃんにとって悪い事ばかりです。

肥満

運動不足は肥満の原因になります。

人間と同じで、ろくに運動せずご飯だけ食べて寝る生活をしていると、どんどん太っていきます。

肥満は万病の元。

体重増加により足腰に負担がかかるだけでなく、糖尿病や心筋梗塞など、病気の原因になる可能性もあります。

ストレス

運動不足により、ストレスが溜まり精神的に不安定になります。

ストレスが原因で、無駄吠えやイタズラなど問題行動を起こす場合があるでしょう。

また、行き場のないストレスを発散させるため、攻撃的になってしまうワンちゃんもいます。

運動不足は、お利口で可愛いかったワンちゃんの性格まで変えてしまう可能性があるのです。

筋力の低下

筋肉は使わないと衰えていきます。

筋肉量が減ると、関節はスムーズに動かせなくなり、足腰に負担がかかります。

そのせいでワンちゃんは余計に動きたくなくなり、運動不足に拍車がかかります。

このままでは老犬になった時、寝たきりや介護が必要な状態になってしまいます。

運動不足解消法

運動不足を解消し、健康な身体を維持しましょう。

ただし、急に激しい運動はケガや体調を崩す原因になります。

ワンちゃんのペースで楽しく行ってください。

お散歩で解消しよう

最も手軽に運動不足を解消する方法として、毎日のお散歩の量を見直しましょう。

トイプードルの成犬の適切な散歩量は、1日に30分程度。

10~15分のお散歩を1日2回行くのが理想的です。

トイプードルは室内犬として飼われていることがほとんどですが、狩猟犬の血を引いているので、とても活発でお散歩は大好きです。

公園でボール遊びをしたり、ドッグランで思い切り走らせてあげるのも良いでしょう。

室内遊びで解消しよう

天気が悪い日など、外でのお散歩が難しい場合は、室内でもできる身体を使った遊びで運動不足を解消しましょう。

・ボール遊び

・ロープの引っ張りっこ

・追いかけっこ

・宝探し

他にも、段ボールでトンネルを作ったり、飼い主さんの足をハードルに見立ててジャンプをさせたり…。工夫次第で、楽しみながら運動不足を解消できます。

ただし、室内で遊ぶ際はマットや絨毯を敷いて、足腰を傷めないように注意しましょう。

ドッグスポーツに挑戦しよう

ワンちゃんと楽しく運動不足を解消できるドッグスポーツがおすすめです。

特にトイプードルは、IQが高いので物覚えも早く、運動能力も高いので、ドッグスポーツに向いている犬種だと言えます。

本格的な大会も開催しているので、飼い主さんも一緒になって楽しめるスポーツです。

フリスビー

ドッグスポーツの中でも一番メジャーなのが、「フリスビー」です。

フリスビーディスクを遠くに投げて、ワンちゃんがキャッチするドッグスポーツです。

フリスビーディスクがあれば、簡単に始められるので初心者にも挑戦しやすいドッグスポーツです。

アジリティー

アジリティーとは、犬の障害物競争の事です。

ハードルやトンネル等、様々な障害物を正確にクリアし、ゴールのタイムを競うドッグスポーツです。

ドッグダンス

その名の通り、音楽に合わせてダンスをするドッグスポーツです。

道具を使わず音楽があればできるので、初心者でも挑戦しやすく、近年人気がでてきました。

まとめ

室内犬として飼っていても、トイプードルにとって運動はとても重要です。

運動不足は、肥満の原因になるだけでなく、ストレスがたまり精神的にもワンちゃんを不健康にします。

毎日のお散歩は面倒に感じることもあるかもしれませんが、飼い主さんも「ワンちゃんと一緒に運動して健康になる」という気持ちで、ネガティブなイメージは吹き飛ばし、毎日を楽しく過ごしてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました