トイプードルがトイレを覚えないのは何故?【原因を知れば解決出来る】

トイプードル トイレ 覚えない しつけ

家に来た時から、トイレを教えているのに

うちのトイプードルは未だに粗相を繰り返すの。

コジロウ
コジロウ

トイプードルがトイレを覚えないのには理由があるんだよ。

原因を考えて、トイレを成功させよう!

トイレを一生懸命教えているのに、覚えてくれないことに悩んでいる飼い主さんは多いです。

サークルではするのにフリーにすると粗相を繰り返したり、トイレからはみ出してトイレをしたりと、惜しいけど完璧に覚えられない子も多く存在します。

そういった子たちには、必ず原因があります。

今回は、トイプードルたちがトイレを覚えれれない原因と対策についてまとめました。

基本のトイレトレーニング

トイレトレーニングの詳細は、「トイプードルのトイレトレーニング!基本の教え方」で詳しく紹介しているので参考にして下さい。

ここでは、トイレを覚えない原因を追究していきますが、おさらいとして簡単に説明します。

  1. トイレをしそうなタイミングでトイレ用ケージに入れる
  2. 「トイレ」「ワンツー」等のコマンドをかける
  3. トイレをしたらおやつをあげて褒める
  4. ケージから出してたくさん遊んであげる

基本は、生活用ケージ→トイレ→フリーです。

トイレをしないでフリーにすると、トイレを失敗する原因になります。

トイレを覚えられない原因

トイレのしつけ方を見てみると、簡単にいきそうな気持になる方も多くいると思います。

なのに、どうしてトイレを覚えられないのか。

トイレのしつけに失敗は付き物ですが、失敗が続きすぎるのには何か問題があるはずです。

なかなか上手くいかないと感じている場合には、原因をまず探してみましょう!

よくある失敗の原因
  • トイレの場所が分かりにくく、理解していない
  • トイレとベットが一緒になっている
  • ルールが一定ではない
  • トイレを粗相する度に、その場所へトイレシートを引いている
  • トイレを数か所に置いている
  • トイレシートが汚れている
  • 失敗する度に怒っている
  • トイレをする前に、自由にさせている
  • 褒めていない

いかがでしょうか?

上記に当てはまっていることはないですか?

一度、普段のトイレのしつけについて振り返ってみて下さい。

トイレを失敗させない為の対策

原因を考え、これからトイレを失敗させない為にはどうしたらいいのか、対策を考えていきましょう。

トイレの場所を分かりやすくする為に環境を整える

トイレは一箇所にすること

・失敗の度にトイレシートをその場に置かない。

・フロア内に幾つもトイレを設置しない。

トイレを失敗する度にトイレシートを引き、家中トイレシートだらけになってしまった方もいます。

トイレの場所が多くなれば、愛犬は何処でするのが正解か余計に分かりにくくなってしまうので、必ず一箇所に場所を決めて下さい。

トイレ用ケージを設置

・トイレ用に全面シーツを引いたケージを設置

・大きさは愛犬がトイレしやすいように、クルクル回れる大きさのもの

・シートが汚れたらすぐに綺麗に片づけること

・お留守番が多い時は、ケージ内がトイレと寝る場所と仕切りが付いて分かれているもの、もしくはクレートとケージを繋げたものを準備するのがお勧め

犬は身体を汚すことを嫌うので、トイレと寝る場所は別にした方がトイレを理解させやすくします。

また、トイレシートのみ引いてあってもトイレを理解しにくいですが、ケージの中に入れてトイレをさせることで、人間も教えやすくなり、犬も場所を覚えやすくなります。

トイレシートからはみ出してすることもないので、一石二鳥です。

トイレシートが汚れているとその場所に排泄したがらない子もいます。

トイレシートが汚れたら取り替えて清潔に保つことも大切です。

トイレの場所を理解するには

環境を整えたら、次はトイレの場所を理解させなくてはいけません。

何故、教えているのに覚えないのかも考えていきましょう。

可愛い」「可哀そう」に負けないで

愛犬が、ケージの中でワンワン吠えているとつい、外に出したくなりますね。

それがトイレのしつけ中であっても、外に出してしまいますか?

「吠えているからトイレはしないでしょ」「鳴いているから可哀そう」

理由を作って外に出しているようではいつまで経っても覚えられません。

心を鬼にしてトイレをさせてから出すことを習慣にしましょう。

ケージ内では失敗しないけどフリーにすると失敗するは、場所を理解していない

ケージ内では、寝る場所を汚したくないので、トイレシートでします。だけど、家の中でフリーにするとトイレに戻ってトイレをすることを理解していないので失敗してしまうのです。

教えるべきこと
  • トイレをしてからフリーにさせるの習慣化
  • トイレに戻って排泄することを教える
  • トイレをしそうな時を飼い主さんが見逃さず、トイレに誘導する

トイレの失敗を減らす為に、トイレをしてからフリーにさせるのは基本として覚えておきましょう。

また、トイレに戻って排泄する、トイレをしそうなタイミングを見逃さない為の方法やポイントを紹介します。

トイレに戻って排泄させるには

トイレ用ゲージに、「ハウス」「トイレ」等のコマンドで入ることを教えます。

トイレに入って排泄をしたらおやつをあげて褒めましょう。

その後にフリーにしてあげてOKです。

これを何度も繰り返し練習します。

※呼んでも飼い主さんまで来ない時は、「来い」「カム」のコマンドで呼び戻しから教えて下さい。

トイレをするタイミングを見逃さない
  • ごはんを食べた後、水を飲んだ後
  • 寝て起きた時
  • 匂いを嗅ぎまわっている時
  • クルクルまわったり、ソワソワしている時
  • 真顔で緊張した様子の時

上記の他にも、愛犬によりタイミングは違ってくると思います。

愛犬のタイミングを見逃さないようによく観察しましょう。

フリーにする時間を決めて、ケージに連れて行くのも失敗させないようにする対策になります。

シグナルを見つけた時は、抱っこしてゲージへ戻す、もしくは上記の“トイレに戻って排泄させるには”の方法でケージへ誘導して下さい。

トイレを失敗する度に叱っている・成功した時に褒めていない

愛犬がトイレを失敗する度に怒りたくなってしまうのはよく分かります。

しかし、叱ることで逆に失敗させやすい状況が作られている可能性があります。

叱ることでのマイナス点
  • トイレ自体が悪いことと思い隠れて排泄しようとする。
  • 叱られる為、食糞して隠そうとする。
  • 失敗して叱られることを自分が構ってもらえると勘違いして、余計に失敗する。

失敗した時は叱ったり、騒いだりしないようにして、静かに掃除することが大切です。

逆に、トイレに成功した時に褒めていないことはないですか?

その瞬間に立ち会えていないことが多くはないですか?

どうしても、成功した時に立ち会えないこともあるかと思います。

しかし、出来るだけ成功した時に立ち会い、精一杯褒めてあげて下さい。

何が良いことなのかをしっかりと教えることが大切です。

まとめ

トイレを覚えなくて、困っている飼い主さんは、まず成功しない原因を考えてみて下さい。

間違った方法で教えていると、覚えることは出来ません。

トイプードルはとても頭のいい犬種なので、必ずトイレは覚えます。

仔犬であっても、成犬であっても、焦らずに、向き合っていくことで必ず解決するので、根気強く教えていきましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました