【トイプードルの太りすぎに注意!】肥満の原因とダイエットについて【脱・おデブちゃん】

健康
スポンサーリンク

うちのトイプードルちゃん、最近なんだか太ってきたような気がするの…。

コジロウ
コジロウ

太りすぎは良くないよ!

健康管理を気を付けてあげてね。

「ぽっちゃりしている方が、愛嬌があって可愛い。」

それは大きな間違いです。

太りすぎには注意が必要です!

人間と同じで、ワンちゃんも肥満は病気になる可能性が高くなり、足腰にも負担がかかります。

今回は、トイプードルが太りすぎてしまう原因とダイエットについて紹介します。

ワンちゃんが健康な身体を維持できるように、飼い主がしっかりと体重管理をしてあげましょう。

理想の体型とは

トイプードルの標準

トイプードルの標準的な大きさは、

体高:26~28センチ

体重:3~4キロ

と、言われています。

あくまで、これは標準なので、個体差があります。

コジロウ
コジロウ

実は、僕も標準より大きめなんだ~!

体重を気にするというよりは、ワンちゃんの体型を気にしてあげるようにしましょう。

ボディコンディションスコアとは

ボディコンディションスコア(BCS)とは、見た目と触れた状態から、犬の体型を評価するものです。

以下の表を参考に、ワンちゃんの体型をチェックしてみましょう。

 環境省自然環境局「飼い主のためのペットフード・ガイドライン ~犬・猫の健康を守るために~」full.pdf (env.go.jp)より引用

「BCS 3 」が理想の体型です。

トイプードルの場合、もこもこの毛に覆われているので、見た目だけでは判断は難しいかもしれませんが、ウエストラインや肋骨などを実際に触ってみて、しっかりとチェックしてあげましょう。

肥満の原因

欲しがるからといって、おやつばかりあげていませんか?

トイプードルの肥満の原因の約8割が「おやつの与えすぎ」だと言われています。

もちろん、おやつにもカロリーはあります。

いくら通常のドッグフードを適正量あげていても、おやつのあげすぎではカロリーオーバーになってしまいます。

また、トイプードルは室内犬として飼われていることがほとんどなので、運動不足も肥満の原因の一つです。

その他に、避妊・去勢手術後もホルモンの関係で太りやすくなると言われています。

ダイエットについて

ダイエット

ダイエットを始める前に、一度かかりつけの動物病院に相談することをお勧めします。

その際に、適正体重を教えてくれるかと思います。

人間と同じで、過度なダイエットは体調を崩す原因になります。

ダイエットは、長い期間でゆっくりと適正体重に近づけれるよう無理のない範囲で行いましょう。

食事管理

まずは、普段のドッグフードをダイエット用のドッグフードに切り替えることをおすすめします。

おやつは小さいサイズにカットし、複数回に分けてあげてください。

ワンちゃんはおやつの量より、もらった回数で満足度があがります。

また、ささみや湯で野菜など低カロリーなものをおやつの代わりにしても良いでしょう。

もし、おやつをあげすぎてしまった場合は、通常の食事の量を減らす等して、調節してあげてください。

運動

健康的にダイエットするには、適度に運動をさせることがとても重要です。

しかし、急に過度な運動をすることは、足腰に負担がかかり良くありません。

普段のお散歩コースを少し長くしたり、合間に公園でボール遊びをするなど、徐々に運動量を増やしていきましょう。

また、室内でもロープの引っ張りっこや、ボール遊び等、なるべく身体を動かす遊びをしてあげると良いでしょう。

体重管理

BCSのチェック表を活用し、定期的にワンちゃんの体型を見てあげましょう。

その際、写真を撮っておくと後から見直したときに、変化がわかりやすいのでおすすめです。

また、週に1回は体重を測るようにしましょう。

ワンちゃんの体重を測るときは、飼い主さんがワンちゃんを抱っこして体重計に乗り、その後、飼い主さんの体重をマイナスすると簡単にワンちゃんの体重が求められます。

まとめ

トイプードルダイエット

ワンちゃんがおやつをねだる姿や、ごはんをいっぱい食べてくれる姿を見ると、つい可愛くてたくさんあげたくなっちゃいますよね。

しかし、ワンちゃんを太らすのは飼い主さんの、その行動です。

そして、ワンちゃんの健康な身体を維持できるのも、飼い主さんしかいません。

肥満は、ワンちゃんにとってデメリットしかありません。

健康な身体で少しでも一緒にいられるように、日々の暮らし方を見直し、ワンちゃんの体重管理をしっかりとしてあげましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました