安いドッグフードでも長生きできる?【安いドッグフードと寿命の関係】

安いドッグフード 長生き ごはん
スポンサーリンク

ドッグフードは安いものから高いものまで

たくさんあるよね!

安いドッグフードでも犬は長生きできるの?

コジロウ
コジロウ

正直なところ個体差があると思うんだ。

安いドッグフードか高いドッグフードで

選択するよりも原材料を見ることが大切だよ!

ペットショップやホームセンターに行くと、ズラリとたくさんのドッグフードが並んでいますよね。

安いものから高いものまであって、どんなドッグフードを選ぶべきか分からない方もたくさんいると思います。

安いドッグフードだと長生きできないのだろうか?

病気になってしまうのだろうか?

そんな不安も出てくるでしょう。

しかし実際は、安いドッグフードを食べさせると短命、高いドッグフード食べさせれば長生きするとは一概には言えません。

かなりの個体差があると言えます。

元々生まれ持った身体の強さや遺伝も関係してきますし、飼育環境も関係してきます。

では、「安いドッグフードでもいいのか?」と言われると、「ちょっと待って下さい。」となります。

ドッグフードと寿命は関係していると言うのが一般論です。

愛犬に長生きしてもらいたいと思っている飼い主さんに、知っていただきたい安いドッグフードの実態をまとめてみました。

安いドッグフードと高いドッグフードの違いは?

安いドッグフードと高いドッグフードの違いは、やはり原材料です。

高いドッグフードの中には、オーガニック食材やヒューマングレードと言われる原材料を使用したものもあります。

ヒューマングレードとは、人間でも食べれるような材料を使ったドッグフードです。

犬にとって必要な栄養をとる為の材料と不要なものをはっきり区別し、無意味な添加物は除かれた身体に負担のないよう作られたものが高いドッグフードには多いと思います。

片や安いドッグフードは、人間が食べられるような材料は使われていることはありません。

また、お肉よりも犬にとって消化のしにくい穀物が多く使われていたり、添加物や保存料、防腐剤等の身体に良くないものがたくさん使われていることもあります。

身体によくない原材料が多く含まれているドッグフードを食べて続けていた結果、アレルギーの発症や、内臓への負担から病気になってしまうケースもあるのです。

知ると怖くなるドッグフードの原材料

ドッグフードの原材料にはどんなものが使われているのか、ドッグフードのパッケージをご覧になったことはありますか?

ドッグフードのパッケージには人間の食べ物と同じように、原材料や成分表等が印刷されています。

とは言え、何を見たらいいのか分かりにくいと思いますので一つずつ解説していきましょう。

原材料の見方

原材料では、どんな材料でドッグフードが作られているのかが分かります。

また、表示方法にはルールがあり、使われている割合の多い材料から表示することが決められています。

一番初めに鶏肉と書かれていれば鶏肉が最も多く使われていることになるのです。

犬は元々肉食動物ですので、穀物の消化が苦手と言われています。

その為、原材料で小麦やトウモロコシ等の穀物が一番初め、もしくはお肉類より先に表示されている場合はそのドッグフードはお肉があまり使われずに作られているので良いドッグフードとは言えません。

添加物も原材料に明記されますが、添加物については原材料を全て記載した後に表示されることになっているので、どれだけ多く使用されていても一番はじめに表示されないということを覚えておいて下さい。

4Dミート

実は、お肉がたくさん使われているからと言って良いドッグフードとも限りせん。

〇〇畜産副産物、〇〇ミール、〇〇エキスやパウダー、または〇〇家畜肉や肉類等とはっきりとした表記がされてないお肉が表示されている時は要注意。

何故なら4Dミートと言われる人間の口には絶対に入ることのない、危険なお肉が使われている可能性があるからです。

4Dミート

DEAD(死んだ)

DYING(死にかけている)

DISABLED(障害のある)

DISEASED(病気のある)

この4つを合わせて4Dミートと呼びます。

ヒューマングレードやオーガニックのお肉が使われている高いドッグフードには使われることのないお肉です。

食べても身体に害があるのか分からないお肉が使われていると考えたら怖いですね。

かさ増し原料

原材料の表示に大豆ミールや、ビートパブル等は書かれていませんか?

これらの材料は、大豆やサトウダイコンの搾りカスであり、ドッグフードのかさ増しに使われていることがあります。

犬にとっては消化がしにくい原材料のひとつで、胃腸の病気や便秘の原因になる可能性があると言われているそうです。

動物性油脂

動物性油脂が多く含まれている場合、ドッグフードの酸化がしやすいので多くの保存料や着色料、酸化防止剤が使われることになります。

ちなみに動物性油脂は、病気や事故で亡くなった動物から作られていることが多いそうです。

添加物

ドッグフードには、人間への使用禁止、もしくは海外で使用禁止されている添加物が使用されることがあるそうです。

特に危険と言われている添加物を紹介しましょう。

合成着色料

赤色3号(エリスロシン)

赤色40号(アルラレッドAC)

赤色105号(ローズベンガル)

青色2号(インジゴカルミン)

青色102号(ニューコクシン)

酸化防止剤

BHA

BHT

エトキシキン

紹介したものは、ほんの一部ですが、発がん性が確認されていたり、白血球の減少、けいれん、免疫の低下を起こすものまであります。

人間の食べ物でもそうですが、添加物が出来るだけ使用されていないものを愛犬にも食べさせたいと私自身も強く思いました。

原材料等の表示は農林水産省のペットフード安全法で決められています。

詳しくは農林水産省の「ペットフード安全法 表示チェックシート」をご覧ください。

https://www.maff.go.jp/j/syouan/tikusui/petfood/attach/pdf/index-48.pdf

ドッグフードで実際に感じた犬の身体の変化

残念ながら極端に安いドッグフードには、上記で紹介されているような身体によくない原材料が使われていることが多くあります。

犬たちにとって、身体を作る素となるドッグフードに悪い物がたくさん含まれていたら大問題です。

ドッグフードでどれだけ体調に変化がおこるのか、私の知人が経験した話を紹介します。

【体験談】

Aさんの愛犬は、仔犬の頃、ブリーダーで紹介された少し高めのドッグフードを食べていました。

大きくなってからは、グレードを落としてホームセンター等に販売されている安いドッグフードを食べさせていたそうです。

そんなある日、5歳の誕生日にブリーダーの元で兄弟姉妹の集まるオフ会がありました。

そこで、自分の愛犬が他の兄弟と比べて歳をとっているように感じショックを受けます。

「どうして同じ歳なのに、みんなの犬は若々しいの?」

「毛艶が違うのはシャンプーのせいなのか?お手入れの方法なのか?」

「筋肉量が違うのは運動量のせい?」

「便の量が、愛犬と比べると兄弟たちは少なく匂いもきつくないのはどうして?」

思わず感じたことを次から次へとブリーダーや、兄弟犬の飼い主へ質問したAさん。

何故これほど差が出たのか不思議でしたが、Aさんにみんなが口を揃えて逆に質問してきたことは「ドッグフードは何を食べさせているの?」でした。

ドッグフードでフケや耳の汚れ、目やに等の軽いアレルギー症状が改善されること、毛艶が良くなること、便の量や匂いが減ること、良質なたんぱく質を摂取すると筋肉を作る助けになることを教えて貰いました。

アドバイスを貰ったAさんは、オフ会のあと、紹介してもらったドッグフードに早速変えたのです。

すぐに出た変化は便の量。

それまでは、かなり多い量の便を1度の散歩で2~3回していたそうですが、1日2回の散歩で便の回数は2~3回に落ち着きました。匂いも前よりきつくありません。

数か月後には、毛質が柔らかくなり、毛艶も出てきました。更に、耳の汚れや目やにが出なくなった等、次々と変化が現われたのです。

実は、これまで食べていたドッグフードは穀物が中心でお肉の含有量が少ないフードでした。

また、酸化防止剤や犬の食欲を出す為に香料等の添加物もたくさん使われていました。

お肉の量が少なかったせいか、たんぱく質が足りず筋肉があまりつかず、穀物が多い為に便の量が多くなったと思われます。また、添加物や粗悪な油分の影響で耳の汚れや目やにもよく出ていたのです。

Aさんは、「ドッグフードでこんなに犬が変わるなんて知らなかった。可哀そうなことをしてしまった。」と話していました。ドッグフードは食べれば何でもいいと考えていたことを後悔していたのです。

Aさんの愛犬は病気にはなりませんでしたが、身体に良くない影響をドッグフードが与えていたことは間違いありません。

私も愛犬のドッグフードには気をつかい、グレインフリー、ヒューマングレードのドッグフードを使用しています。

Aさんが体験したように、ドッグフードに使われている原材料を知り、愛犬の体質改善に役立てることは大切なことです。

もし皆さんの犬が、耳の汚れや目やに、毛艶等に悩んでいたらドッグフードを変えてみるのもいいかもしれませんね。

まとめ

普段、何気なく愛犬に食べさせているドッグフード。

調べてみると原材料や添加物に犬の消化しにくい穀物や、粗悪なお肉、発がん性物質等の普通に考えたら決して食べれないものが入っていることがあると分かりました。

ドッグフードが安いからといって一概に長生きは出来ないとは言えませんが、原材料や添加物を見ると、決して長生きできるようなものでもありません。

特に安いドッグフードは、愛犬にとってよくない原材料が含まれている可能性が高くなりますので、値段が高くても良いドッグフードを愛犬には食べて欲しいと思います。

愛犬の健康を考えれば、オーガニックやヒューマングレードの原材料を使い、不必要な添加物を使っていない信頼出来るドッグフードを選びたいですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました