トイプードルを育てるのにどれぐらいお金がかかる? 買う前に知っておきたい生涯飼育費用

飼い方・育て方

トイプードルを育て続けるのにいくらぐらいかかるのかなぁ?

コジロウ
コジロウ

僕は餌をモリモリ食べるし、たまには病気にもなっちゃうよ。

トイプードルは見た目が可愛く賢い犬であるため初心者にも飼いやすい犬です。そのため犬の人気ランキングで近年1位を独走中です。

大人気のトイプードルを飼育すると、15年の総計で338万円かかります

子供とペットショップに行くと「毎日ちゃんと散歩をするからトイプードル買って!」「もう何も買ってくれなくていいからトイプードル買って!」とせがまれます。ペットショップで可愛いトイプードルを見た時には誰だってほしくなりますが、どんなに強い愛情があっても先立つお金がないと飼い続けられません。

トイプードルを一生に渡って育てるのに必要なお金についてご紹介します。

トイプードルの値段

トイプードルを育てるのにどれぐらいお金がかかる? 買う前に知っておきたい生涯飼育費用

一般的にトイプードルは15万円から30万円します。
登録費用に約3千円ほどかかります。 

販売価格はショップによりまちまちで安く売られている店から50万円以上と高く値付けされている店まで様々です。

値段を決定づける要因としては、「人気の毛の色」や「毛の量」「オスかメス」か、「生後どれぐらいたっているか」などによって決まります。

人気の毛の色としてはレッド、アプリコット、ブラック、シルバー、ホワイト あたりです。
オスとメスだとオスの方が人気があります。

どこで購入するかによっても金額は変わります。知り合いからもらえたり安く譲ってもらえると出費は低く迎入れられます。

次に安いのがブリーダーからの購入です。

ペットショップで買うことももちろんできます。 ペットショップは店によって金額の付け方にばらつきがあります。ペットショップによってはとても安くトイプードルが売られている場合がありますが、安いという理由だけでよく知らないペットショップから買うのは注意です。

餌代

  • 主食の餌代  1ヶ月5千円×12➩6万円
  • おやつ    1ヶ月1千円×12➩1万2千円
  • 合計約7万円

トイプードルは小型犬ですがそれでも毎月4千円から7千円ほどのペットフード代がかかります。 

今はペットフードも進化していて毛並みを良くする成分が入ったペットフード。老化を遅らせる効果があるペットフードなど各社特色を出したペットフードが売られています。

月に5千円として年間12ヶ月で6万円。

ネットショップ等で激安のドッグフードもあります。しかし体の中に取り入れる食品です。安すぎるものは体に良くない添加物や原料が入っていることがあり得ます。 私たち人間の体重でも食品添加物を取りすぎるとアレルギーが出ます。 体重3~4 kg の小さな体のトイプードルにとって食品添加物摂取の影響はすくなくありません。

体に直接取り入れる餌には愛犬のためにこだわりたい所です。

元気に病気もせず長寿を全うできるか、諸々の病気に苦しみながら平均寿命以下の一生になるかに大きく影響するのが食事です。

病気対策、医療費

トイプードルを育てるのにどれぐらいお金がかかる? 買う前に知っておきたい生涯飼育費用

トイプードルは生身の生き物ですので時には病気にも怪我にもなります。また犬特有の狂犬病の対策も必要です。

動物病院での治療品費は健康保険が適用されないので全額飼い主様負担となります。

突然の大きな出費に対応できるよう民間保険会社のペット保険があります。愛犬の犬種、飼育環境などを考慮しピッタリの保険に入るのも検討してはいかがでしょうか。

狂犬病ワクチン

  • 毎年3千円

 

日本国内において犬を飼う際には狂犬病ワクチンが義務付けられています。守らないと罰金です。狂犬病が発症してしまうと治療法がありません。
愛犬を守るためには「狂犬病にかからせないこと」の一択です。 

狂犬病ワクチンは市区町村が金額補助してくれます。

交付料としてだいたい3千円ぐらいが多いですが、自治体によって補助金額が違うので所属の自治体に問い合わせをしましょう。

フィラリア対策

  • 注射: 1年に1回 ➩ 約6千円
  • 錠剤服薬: 1ヶ月に一回約1千円×12 ➩ 1万2千円

フィラリアとは犬糸状虫という寄生虫が原因とする犬の病気です。蚊を媒介にして移ります。 

フィラリア対策は注射タイプと飲み薬タイプがあります。注射は一回打って1年間効くので楽。薬は何回も動物病院行かなくてはいけないので面倒です。

フィラリア注射は一回5千円から7千円。

フィラリア錠剤は1ヶ月700円から1500円。12ヶ月に渡って毎月飲むので8400円から18000円程度。

実際にはプラス診察料や処方量といった費用が動物病院によってかかることが多いです。

海外のフィラリア予防薬を個人輸入することもできますが、 本当に安全で有効な薬かどうかは未知数ですので、費用を安くしようと信頼できないものを愛犬に飲ませるのはお勧めできません。

手術代金

繁殖を目的としない場合去勢手術、避妊手術をすることがあります。そうすることで特有の病気の発生率を減少できます。 

・去勢手術は1万5千円から3万円程度。
・避妊手術は少し高くて2万5千円から5万5千円程度。

トイプードルは白内障や外耳炎や膝の関節の病気がなりやすいです 。

それ以外にも手術が必要な場面にでくわすかもしれません。もちろん手術の内容により金額は様々ですが10万円に20万円といった多額の手術費用がかかる場合もあります。

動物は医療保険が使えないので全額自己負担です。 

トリミング代金

一回5千円から1万円程度

頻度は2ヶ月に1回が目安

年間3円から6万円

一回5千円から1万円程度

頻度は2ヶ月に1回が目安

年間3万円から6万円

トイプードルの毛の特徴として、

トイプードルの毛の特徴として、毛は抜けにくいが長く伸びます

トリミングをしないとまるでミニチュアシュナウザーのようになってしまいますトリミング代がかさみますが、毛が抜けにくいので部屋が汚れにくいのは良いところです。 

トリミング代金は店によりますか5千円から1万円程度が多いです 

金額が高いからといって腕が立つというわけでもありません。ワンちゃんの身体周りに関する手入れには、他に耳の手入れ爪切りもあります。トリミング店でオプションとして用意されています。トリミングと一緒にサービスでしてくれる店もあります。

何軒かのトリミング店を利用してサービス金額が納得できるショップを見つけて行きましょう。

トイプードルのトリミングは理想的には一か月に1回と言われています。しかし一ヶ月に1回できる人はあまりいないです。現実的には2ヶ月から3ヶ月間に一度の犬が多いです。

節約するには短めにカットしてもらうことと、自分で顔まわりをセルフカットすることです。

コジロウ
コジロウ

僕のご主人は1000円カットなのにごめんね~

トイレシーツ

月に約1000円

人間と同じくトイレは1日に何回もします。犬の場合はトイレシーツにトイレをさせるのが一般的です。

都度捨てるディスポタイプ洗ってくり返し使えるタイプがあります。

トイレシーツのディスポタイプは100枚入りで1000円前後で販売されています。1日3枚から4枚使ったとしてだいたい一ヶ月もちます。トイレシーツは半分ぐらい水分を吸ったら交換するのが目安です。

洗う手間はかかりますが、洗って使えるタイプの方がコスト的に安上がりです。

ケージ、クレーコート、食器

ケージ

家の中で飼う場合にはケージが必要です。ケージはサイズによって価格は変わりますがトイプードル用は4千円から8千円の間ぐらいです。

 

クレーコート

4千円~7千円です。トイプードルの体の大きさにあったものを選びましょう。

餌入れ、水入れ

  • 100円から1000円

100円ショップで売られているものでももちろん問題ありません。

ある程度ずっしりとしてちょっと足がぶつかった程度で倒れないようなものが良いでしょう。

首輪など小物関係

首輪

首輪は千円から1万円以上など色々です。

デザイン的なブランドの高い首輪は青天井で数万円のものもあります。

ただ一般的には2000円から3000円で質の良いものが買えます

リード

2000円から3000円程度。高いものを見ればキリがありません。

ホームセンターで売っているハーネスとリードがセットのものでも2000円~3000円で買えます。特にこだわりがなければこれでトイプードルの場合十分です。

保険

トイプードルを育てるのにどれぐらいお金がかかる? 買う前に知っておきたい生涯飼育費用

前述の手術費用の部分でも書いた通り、動物には人間の健康保険が使えないので手術費用が全額個人負担となります。また手術の金額は動物病院によって金額設定がそれぞれです。どうしても手術を成功したいと評判の良い動物病院に頼った場合、手術費用が高額になる場合があります。

突然の大出費に備えるために犬用の保険があります。人間の保険同様保障内容により金額が様々ですが現実的には月に2000円ぐらいのプランが内容もバランスが良く一般的です。

生涯でかかる費用

トイプードルを飼うのには、かかる費用の合計です。

初期費用として20万円から30万円。

その後毎月、毎年とか買って行く費用があります。トイプードルの寿命は15年です。

  • 餌代として年間7万円 ×15年➩105万円
  • 医療費:狂犬病ワクチン年間3千円×15年➩4万5千円
  • フィラリア予防:年間1万2千円×15年 ➩18万円
  • 手術代金:一生として30万円(参考値として)
  • トリミング費用: 年間5万円×1年➩75万円
  • トイレシーツなど衛生用品:年間2万円×15年➩30万円
  • ペット用品や小物関係:年間1万円×15年➩15万円
  • ペット保険: 年間2万円×15年➩30万円 

生涯費用合計 ➩  338万円

まとめ

今回は「 トイプードルを育てるのにどれぐらいお金がかかる? 買う前に知っておきたい生涯飼育費用」をご紹介しました。

トイプードルを育てるには、餌だけでなく病気の対策や衛生面を良くするための費用など毎月毎年のお金がかかり続けます。

「可愛い」「癒されたい」飼いたい理由は山ほど出てくるとっても可愛いトイプードルです。 

しかし平均寿命で15年間生きるトイプードル。15年の間には色々なことが起きます。飼い主さんの生活環境が変わり引っ越しをするかもしれません。経済状況が変わってしまうかもしれません。

かるい気持ちで飼い始めると 愛犬を傷つけるばかりか自分自身も苦しめることになってしまいます。

上記のように生涯費用で見るとまとまったお金がかかるトイプードルではありますが、 その金額をはるかに超えるような感動や癒しや喜びや思い出を与えてくれるのもまたトイプードルです。
私自身は何度も気持ちが凹んだ時に動物の無償の愛に癒された経験があります。
お金がかかっても愛犬は人生にとってかけがえのないもの、プライスレスです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました