トイプードルが過ごしやすい気温は?寒い冬の対策は?

くらし
スポンサーリンク

段々と気温が下がって昼夜の気温差も高くなってきました。

ペットとして大人気のトイプードル。普段はご主人と一緒に室内で過ごしていると思いますが、留守番の時や寝る時などの温度調整の仕方が気になる事だと思います。

今回は、トイプードルが過ごしやすい気温や寒さについての対策を調べてみました。

また、参考になるかわかりませんが、実際に私が飼っているトイプードルの冬の過ごし方もご紹介しようと思います。

トイプードルは寒さに弱い

ふわふわとした毛で覆われているトイプードルですが、基本的に寒さに弱い犬種だそうです。

犬の毛は、シングルコートとダブルコートの2種類があり、トイプードルはシングルコートに分類されます。被毛が二重構造になっているダブルコートは保温性が高く比較的寒さに強いようですが、シングルコートは被毛の密度が少なく、寒さが肌に伝わりやすいという特徴があるそうです。

また、トイプードルは小型犬なので、冷気の溜まりやすい地面に近い所で生活する為、寒さを感じやすいようです。

犬も風邪ひくの?人から感染るのか?予防法は?
空気が乾燥し、肌寒い季節になって来ました。世間では風邪をひかないようにマスクをした人を沢山見かけるようになりました。...

トイプードルが過ごしやすい気温

人間が快適に感じる気温と同じくらいで、20〜25度くらいが良いと思います。

ただ、犬にも個体差があると思いますので、震えていないか?ジッと丸くなっていないか?などワンちゃんの様子をよく観察する事が重要だと思います。

寒い冬の対策

エアコン・ヒーターを使用する

エアコンやヒーターを使用するのが1番楽に決まった気温に保つ事が出来ると思います。

小さくて熱くなり過ぎないペット用のヒーターを使用するのも良いです。

服を着せる

犬用の服を着せてあげるのも効果的です。特に散歩の時は、室内と違って暖房器具が使えないので暖かい服を着せてあげると良いでしょう。

ただし、自分で服を脱ぐ事が出来ないので留守番の時に着せてあげる場合は注意が必要です。

犬用ダウンジャケット「ダック ダウン ジャケット」

犬用パジャマ「コットンパイルニットパジャマ」

毛布や座布団などを敷いてあげる

ケージの中は毛布や座布団を敷いてあげると、手軽に寒さ対策が出来ます。その場合、ケージ内の床全てに敷いてあげるのではなく、一部分に敷いておくと、犬自身で調整しやすいと思います。

あったかフリースベッド「シンプルシープボアフリースベッド」

洗えるベッド「ウォッシャブルラウンドベッド」

ペットと愉しむインテリアショップ【uminecco(ウミネッコ)】

ちなみに、うちのトイプードルは・・・

参考になるかわかりませんが、うちのトイプードルの例をご紹介します。

まず最初にケージに毛布を敷いてあげました。しかし、うちの飼ってるプードルはヤンチャすぎて毛布を噛みちぎってグチャグチャにしてしまい断念・・・。

ただし、ケージの外に毛布を敷いてあげると、自分からその毛布でくつろぐようになりました。ただ単にケージの中が嫌いなのかも・・・。

最近は、寝るときだけケージの中に毛布を敷いてあげています。そのまま敷いておくとまたグチャグチャにしてしまうので、朝起きた時にすぐ撤収しています。

服を着せてあげました事もありますが、脱ごうと必死で暴れ回り断念・・・。

ほんとは可愛い服を着せて散歩したいのですが・・・。うちの犬はやんちゃ過ぎます(泣)

ペット用の暖房は、つけてあげようかと思いましたが、普段震えたり縮こまったりする事がなく、暴れて回っているので、特に対策はしていません・・・。まあ、人がいる時は暖房が入っているのでそんなに寒くないのかもしれませんね。

まとめ

いかがでしたか?

今回はトイプードルの過ごしやすい気温や冬の過ごし方について紹介しました。

最近はペット用の暖房器具や服などがたくさん売られていますので、色々試してみるといいかもしれません。

一番大事なのは、飼っているワンちゃんの性格や趣味に合わせて、最適な寒さ対策を見つけてあげる事ではないでしょうか。

この記事が少しでも役に立てれば幸いです。

最後までご覧頂きありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました