安いドッグフードはかわいそう?【犬に悪影響を与える可能性有り】

安いドッグフード かわいそう ごはん
スポンサーリンク

我が家のお財布事情にあったドッグフードを

選びたいけど、安いドッグフードじゃ愛犬は

かわいそうなのかな?

コジロウ
コジロウ

安いドッグフードには安いだけの理由があるんだ。

もちろん飼い主さんの経済を圧迫しない範囲で選ぶことも

大切だけど、体調を崩したりかわいそうなことにならないよう

愛犬の身体に合ったドッグフードを選んであげるのが

一番いいと思うよ。

皆さんは愛犬のドッグフード選びは何を優先されていますか?

私は、愛犬にドッグスポーツをやらせていたので、たんぱく質の量等も気にしたり、先代の犬が穀物アレルギーを持っていたので、現在飼育している子にもグレインフリー(穀物不使用)のドッグフードを与えています。

もちろん、値段も気にしながら選んでいます。

ドッグフードを選ぶときに、「安すぎても大丈夫なのかな?」と考える方も、「安くてもよく食べるから経済的だしいいよね」と考える方もいると思います。

“値段”はどんな買い物をする時にも気になるものですよね。

しかし、愛犬家の中には安いドッグフードを食べさせるのはかわいそうという方もいます。

何故なら安いドッグフードは品質が悪く、犬に悪影響を与える可能性があるからです。

食べさせたらかわいそうと言われるドッグフードには、どんなものがあるのでしょうか。

記事にまとめてみました。

安いドッグフードに使われている原材料

ドッグフードは1㎏数百円のものから、1㎏1,000円以上のものまでピンからキリまで存在します。

高いドッグフードの中でもプレミアムフードと言われるものは、1㎏1,000円以上のものが多いです。

そう考えると安いドッグフードは経済的には本当に助かるものと言えるかもしれません。

ですが、安いドッグフードは使われている原料は粗悪である可能性が高くなります。

どんな材料が使われているのかみていきましょう。

消化するのが苦手な穀物

犬は元々肉食動物なので、穀物を消化するのが苦手と言われています。

そうは言われても、嬉々としてパンやごはん(お米)等の穀物を食べている犬を見たことがあれば、穀物を消化するのが苦手な動物と言われてもピンとこないかもしれません。しかし、実は穀物を消化するアミラーゼという酵素を多くは持っていないので穀物を消化するのが苦手な動物なのです。

安いドッグフードは、かさ増しの為に穀物が多く使われている可能性が高くなります。

原材料の一覧に、小麦や小麦粉、トウモロコシ、コーングルテンミール等の穀物がお肉類より先に表示されていると、そのドッグフードはお肉よりたくさんの穀物で作られているものになるので注意が必要です。

穀物を取り過ぎた時に起こりうるデメリット
  • 肥満の原因
  • アレルギーの原因
  • 内臓に負担をかける
  • 便の量、におい

※プレミアムドッグフードでサツマイモ等のイモ類が使われていることがありますが、犬が吸収しやすいように茹でるなどの加工がされ、バランスよく取り入れられています。穀物全てが粗悪な原材料という訳ではありません。

粗悪なお肉

お肉の中でも4Dミートと言われる粗悪なお肉があります。

DEAD(死んだ)、DYING(死にかけている)、DISABLED(障害のある)、DISEASED(病気のある)の4つを合わせて4Dミートと呼んでいます。

人には使えない、どんな理由で破棄されたのか分からないお肉がドッグフードのコストを下げる為、使われていると言われているのです。

〇〇畜産副産物、〇〇ミール、〇〇エキスや〇〇パウダー、〇〇家畜肉や〇〇肉類等のはっきりとした表記がされていない場合は4Dミートが使われている可能性があります。

廃棄されてしまう畜産資源の再利用と言えば、無駄なく命が使われているようにも思いますし、はっきりとした危険性があると言われている訳でもありません。

ですが、糞尿や毛皮等も一緒に加工されているケース、鮮度が著しく低下しているケース、抗生物質などの薬物が残存しているケースも考えられるのが4Dミートです。

そのような状態のお肉を愛犬に与えたいとは思いませんよね。

高いドッグフードでは、ヒューマングレード、オーガニック等の原材料を使っているフードもあり、こういった原材料が使われてる可能性はかなり低いと言えます。

大量に使われている添加物

安いドッグフードには、酸化防止剤、保存料や着色料、香料等多くの添加物が使われていると言われています。

発がん性や毒性が確認されている酸化防止剤や保存料、石油由来の着色料、香料にも毒性の強いものがありますが、これらの添加物が安いドッグフードには使われている可能性があるのです。

エトキシン、BHA、BHT、赤色〇号、青色〇号等と原材料に表示されている時は特に注意しましょう。

添加物を取り過ぎた時に起こりうるデメリット
  • アレルギーの発症
  • 涙やけ
  • 耳の汚れ
  • 便の異常

愛犬にとってよい食事とは

紹介してきた安いドッグフードに使われている原材料を見て、「安いドッグフードを食べさせるとかわいそう」と言われる理由が分かってきたのではないでしょうか?

決して健康的な食事とは言えませんよね。

愛犬にとってよい食事は、一言で言えば健康的で愛犬の身体に合った食事です。

具体的に、愛犬の身体に合った食事にするにはどうしたらいいのか考えてみましょう。

愛犬にとって不必要な原材料が使われていないか

犬も人間と同じように、5大栄養素であるたんぱく質、脂肪、炭水化物、ビタミン、ミネラルが必要です。そして、過度な穀物の摂取や添加物の摂取は必要ありません。

グレインフリーのドッグフードや、穀物メインではないドッグフード、不必要な添加物が使われていないものを選びましょう。

また安心できる原材料が使われているかもポイントです。

愛犬のライフステージに合っているのか

仔犬(成長期) 成犬(維持期) 老犬(高齢期)それぞれ必要な栄養素が違ってきます。

仔犬→身体の機能や成長に多くの栄養が必要

成犬→活動量を考慮し、肥満にならないよう健康状態を観察してフードを選ぶ。

高齢→高たんぱく、低脂肪、低カロリーのフードが良いと言われている。

その時に適したドッグフードを選びましょう。

機能性ドッグフードや犬種別のドッグフードの選択肢

食物アレルギーに特化したフード、体重ケア用のフード、持病がある犬の為の療養食等、愛犬が身体に不安を抱えている場合は、機能性ドッグフードの選択肢もあります。

また、現在は犬種別に開発されたドッグフードも販売されていますよね。

犬の起源は犬種によって様々であり、犬種特有の体質の強さを活かし、弱さを補助する為に作られたドッグフードを選ぶのもひとつです。

犬の運動量やライフスタイル

寝ている時間が多い犬もいれば、よく運動をして活発な犬もいると思います。

それぞれ全く違う運動量なのに、同じドッグフードを同じ量必要とするかと言えばそうではありません。

寝ている時間が多い子より、運動量の多い子の方が栄養も必要になってきます。

普段のライフスタイルや運動量等も考慮してドッグフードの種類や量を選びましょう

飼い主さんのお財布に優しいフード

最後に、やはりどれだけ良いドッグフードを選んでも、飼い主さんのお財布を圧迫するようなものを選ぶことはお勧め出来ません。

数あるドッグフードの中から、愛犬に合っているかだけではなく、飼い主さんがこれなら愛犬に買ってあげらる!というものを選ぶことも大切です。

まとめ

安いドッグフードには、粗悪な原材料がたくさん使われている為、愛犬に食べさせるのはかわいそうと言われていることが分かりました。

高ければいいという訳でもありませんが、私も進んで安いドッグフードを食べさせようとは思いません。

やはり、愛犬にはいつまでも健康で長生きしてもらいたいという気持ちが強くあります。

愛犬の体質に合ったものを選ぶことで、食べさせたらかわいそうというようなフードは避けられるのではないでしょうか。

今、愛犬に食べさせているドッグフードに不安がある方もそうでない方も、一度、どんな原材料が使われているのか確認してみて下さい。

かわいそうと言われるドッグフードを食べさせていないか、見直すきっかけになるかもしれません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました