トイプードルはどこで買うべき?買う時の店の選び方について

トイプードルはどこで会える? 飼い方・育て方

トイプードルを迎えたいと思っているのだけど、どこにいけばいいのかしら?

コジロウ
コジロウ

初めての方は迷いますよね

トイプードルを迎え入れると決めた時に、どこに行けばいいか迷いますよね。

ペットショップやブリーダー、保健所など訪れる場所は、人により様々です。

しかし、中には悪質なペットショップやブリーダーもいます。

悪質業者に当たらないためにも店やブリーダーを見極めるポイントを把握しておく必要があります。

今回、トイプードルを迎え入れる時の店の選び方などを紹介します。

トイプードルは、どこから迎えたらいい?

アプリコット トイプードル

トイプードルは、ペットショップや専門ブリーダーがいるほど人気の犬種です。

多くの方がペットショップかブリーダーから買う方が多いでしょう。

どこから迎え入れた方がいいかという正解はありません。

ペットショップでもブリーダーでも、保健所でもかまいません。大事なのは、どんな子でも家族として大事にしてあげることです。

ただ、悪質なブリーダーやペットショップもあるので、信用できる所から迎え入れるのが必須ですね。

ブリーダー・ペットショップ選ぶ際は、慎重に選ぶのが大事です。

ブリーダーから購入する時の注意点

トイプードル 子犬

ブリーダーから購入する際に、悪質業者か見極める必要があります。見極めポイントは、5つの質問です。

動物取扱業者登録番号を答えられるか

動物取扱業で必須なのが、「動物取扱業標識」や「動物取扱業者登録証」の提示です。

動物取扱業者登録番号を答えられない人は、素人の悪質ブリーダーの可能性が高いです。

ホームページ+電話で最初に確認し、保健所でも確認して初めて正規のブリーダーであると分かります。

購入側は、動物取扱業の知識が無いので、嘘の番号を言われても分かりません。

犬舎は、見学可能か

衛生的で犬に良好な環境であれば、犬舎の見学をさせてくれるはずです。

逆に、見学を断るブリーダーは、悪質ブリーダーの可能性が高いです。

ホームページで犬舎の写真を乗せているブリーダーもいますが、ネットで判断するのではなく直接見た方がいいです。

ただ、ブリーダーの中には、犬舎に外部からのウイルスを持ち込ませたくなく見学を断る方もいるので、見学拒否=悪質ブリーダーと考えないでください。

子犬の親に会えるか

正規のブリーダーは、健康な親犬から子犬が産まれるように繁殖しているので、親犬の健康状態や2歳以上であるか確認しましょう。

2歳以上で犬は、成熟し遺伝的疾患の有無を確認できるからです。

正規のブリーダーなら2歳未満の犬を繁殖させないですが、悪質ブリーダーは関係なく繁殖させます。

ただ、母犬の産後の状態が悪いなどの理由で見学できないこともあるので、見学を断られたら理由を聞いてみましょう。

生後どのくらいの子犬を譲ってもらえるのか

ブリーダーの中には、生後6週以前の子犬を譲ろうとするブリーダーがいます。法律で、生後6週以下の販売は禁止されています。

子犬の生後数カ月は、両親・兄弟と過ごし社会性などを身に着ける大事な時期です。

生後すぐに親元から離されると社会性が身につかず情緒面の不安定や問題行動を起こすことが増えます。

犬を大切に思っているブリーダーは、生後すぐに親から引き離しません。

生後6週を満たない子犬を販売しているブリーダーは、悪質ブリーダーと思っていいでしょう。

購入後は、しつけの相談などできるか

常識のあるブリーダーは、購入側が本当に犬を飼えるのか見極めるために、家族構成や飼育環境/目的、収入などを聞きます

正規のブリーダーは、販売目的とは言え子犬を我が子のように思っており、新しい家族のもとで幸せに暮らしてくれることを願っています。

なので、飼育に関する相談を受け付けてくれるはすです。

逆に、対応が悪いブリーダーは、悪質な傾向が強いので避けましょう。

ホームページの口コミや電話で問い合わせるのが一番ですね。

ペットショップから購入する時の注意点

ペットショップ 子犬

ペットショップは、必ず良いペットショップだけがあるとは限りません。見極めポイントは、6つの質問です。

子犬はどこから来た?

どこのブリーダーから来たのか答えられなかったら、信用できる店ではありません。

「アルバイトだから知らない」では通用しませんからね。

ブリーダー情報が応えられても利益のために店と悪質ブリーダーが手を組むこともあるので、ブリーダーの住所や犬舎など細かく調べましょう。

子犬はいつ店に来た?

生後8週以降に譲り受ける事ができますが、8週未満の場合法律違反になります。

抱っこできるか?

子犬を抱っこさせてもらう時に、手の消毒をお願いする店は衛生面がしっかりしているので信用できます。

また、子犬の性格や普段の生活などについて答えられる店だと普段からよく観察しているということが分かります。

常に清潔か?

常に清潔である店は、清潔な環境で子犬たちが過ごせている証拠です。

排せつ物がそのままだったり、毛つやがよくなかったりと常に不衛生な店は、悪質な店ですね。

店にいる動物たちを大切にしているか?

ペットショップは、犬の他に猫・鳥・うさぎ・ハムスターなど多くの動物がいます。

全ての動物たちを大事に世話している店なら良い店だと思っていいでしょう。

相談に乗ってくれる

初めて動物を迎え入れる人は、困った事や不安な事が多いです。

購入後も親身に相談に乗ってくれる店なら、アフターケアが行き届いている店と思っていいでしょう。

まとめ

茶色 トイプードル

トイプードルは人気の犬種なので、利益を出すためにあらゆる手段を使う業者や店もあります。

悪質業者であるかどうか見極めるのが、子犬を迎え入れる準備と思っていいでしょう。

子犬を迎え入れると決めた時は、今回紹介した事を参考にしてみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました