トイプードルと一緒に旅行したい!注意点や持ち物をまとめてみた!

飼い方・育て方

せっかくだしウチのトイプードルと旅行したいなァ・・・

コジロウ
コジロウ

行こう、行こう! ただ、ちょっと気遣ってもらえるとうれしいかも~

どこかへ旅行に行くとなれば、せっかくなら愛犬も一緒に連れて行ってあげたい!

ペットを飼っている方なら、一度は考えたことがあるのではないでしょうか。大好きな愛犬と旅先でも一緒に居られたら、家でお留守番をさせる心配もありませんし、なにより旅の思い出が一層楽しいものになりますよね。

今回は、愛犬と一緒に旅行に行く際の注意点や、持って行ったほうが良い持ち物をまとめてみましたので、ぜひ参考にしてみてください。

トイプードルと一緒に旅行したい!

実際に愛犬を外の慣れない世界へ連れ出すのは、飼い主としては心配な面もあります。不慣れな環境で愛犬の調子が悪くなったり、愛犬が辛い思いをしたりするのは、本意ではありません。

まずは、あなたの愛犬はそもそも一緒に旅行に行くことができるのかを確認してみましょう。

ワクチンの接種は?

動物病院で行われているいわゆる予防接種です。

ワクチンの接種については様々な考え方がありますが、旅行先で遊ぶ施設や宿泊するホテルなどでは、狂犬病や混合ワクチンの接種が完了しているかどうかの証明書の提示が求められる場合が多いです。

愛犬の摂取記録を確認し、証明書を用意しておきましょう。 これからワクチンを接種する場合は、接種後体調を崩す可能性も考慮しつつ、充分な余裕を持って計画しましょうね。

しつけは充分?

旅行先では、飼い主以外の見知らぬ人間に多く接触することになります。

そういった環境下で、暴れて無駄吠えしたり、飼い主の指示に従わなかったりすると、周りの人々や飼い主だけでなく愛犬にとっても大きなストレスになってしまいます。せっかくの旅行ですから、楽しい思い出だけ作りたいですよね。

ですので、ある程度のしつけは出来ている必要があります。 「待て」、「トイレのマナー」、「クレートに入ること」の三つが出来ていると安心だと思いますよ。「おすわり」や「伏せ」も出来るといいですね。

生理はきてない?

メスの愛犬で避妊をしていない場合ですが、生理ヒート)中に旅行へ行くのは、愛犬にとって負担になりますので控えましょう。

何を持って行ったらいい?持ち物チェックリスト

愛犬が旅行に行くことができると確認ができたら、今度は持ち物です。人間の旅行すら持ち物には苦労しますが、愛犬の場合はどのようなものを持って行けばいいでしょうか?

愛犬との旅行で持って行ったほうが良い持ち物リストを用意しましたので、ぜひチェックしてみてください。

  • 迷子札や鑑札
  • 首輪とリード
  • トイレシート(多めに持って行くといいでしょう)
  • 滞在日数分の餌とおやつ(餌は一食ずつ小分けにすると便利です)
  • 水筒
  • 食器
  • ブラシやコーム
  • 普段から使っているおもちゃ
  • ウェットティッシュ・ティッシュ
  • お洋服(ドッグランの予定があれば複数着持っていると良いでしょう)
  • ペット用おむつ
  • ゴミ箱(使用済みペットシーツを入れたりなど)
  • タオルなどの敷物(食器の下に敷いたり、お布団で使ったりできますよ)
  • ワクチン接種証明書
  • 常備薬
  • 消臭グッズ
  • クレート

外で気を付けたいこと

持ち物も確認できたし、これで旅行に行く準備は万端! ・・・ではありません。

旅行先では犬が苦手な方もいますから、普段以上の配慮が必要になります。 まずは、外で遊ぶ場合に、特に気を付けたいことを確認しましょう。

リードは外さない

初めての場所ですので色んな匂いがして、愛犬はウロウロしがちかと思います。

飼い主が把握していない場所へ勝手に行かないように、リードは外さないようにしましょう。必ず飼い主が愛犬のそばにいてあげてくださいね。抱っこしている間であっても、リードは繋いだままだと安心です。

室内へ入るときは足を拭こう

特に人間も靴を脱ぐような場所に入る場合は、愛犬の足も拭いてあげてください。

ドッグランなどでよく遊んだ後であれば、身体も拭いてあげると良いでしょう。

粗相のないように・・・

愛犬があっちやこっちでマーキングをしてしまわないように、トイレには気を付けてあげましょう。必要であれば、犬用のおむつを履かせるなどすると安心です。

体温調節や抜け毛予防にお洋服を

トイプードルは寒さに弱い犬種ですから、冬場の旅行の際にはお洋服を着せてあげてください。

トイプードルの場合はあまり心配いりませんが、他犬種の場合はお洋服を着ることで抜け毛が散らばってしまうのを防ぐ効果もありますよ。

ホテルで気を付けたいこと

宿に到着しても気は抜けません。愛犬にとってみれば、住み慣れた自宅とは違う閉鎖空間に拘束されることになりますから、少しでもリラックスできるようにしてあげましょう。

ルールを把握しよう

宿泊先によって、安心して過ごせるように様々なルールが定められています。宿泊前にどういったことを守る必要があるのか確認しておくと、当日をスムーズに迎えられると思います。

トイレの位置を決めて!

宿泊先のルールに従って、排せつがスムーズに行えるように、トイレの位置を決めましょう。

愛犬の様子が落ち着かないようでしたら、普段から使っている敷物やおもちゃなどを使って、空間づくりを工夫してみてください。

チェックアウト前に・・・

ホテルを後にする前に、少し部屋の様子を確認してみてください。

抜け毛や食べかすなどで汚れていませんか? 使用済みのトイレシートは指定された通り処分が出来ていますか? 十分気を付けてくださいね。匂い対策に消臭スプレーを持参しておくのも良いと思います。

まとめ

愛犬との旅行のイメージはできましたか?

とっておきに楽しいことの前には、計画的な準備が必要です。ここでお伝えしたことは、それも難しいことはありません。普段から気を付けていることの延長線ですから、ひとつひとつ丁寧に確認しましょう。

飼い主にとっても愛犬にとっても、最高の旅の思い出が作れますように!

コメント

タイトルとURLをコピーしました