トイプードルはアレルギーが多いの?少ないの?かかりやすいアレルギーについて

特徴・習性

人間のアレルギーは分かるけど、犬がかかりやすいアレルギーって知らないのよね。うちには、トイプードルがいるからトイプードルがかかりやすいアレルギーについて知りたいわ!

コジロウ
コジロウ

犬は人間と同じようにアレルギー持ちの子もいるよ。中でもトイプードルはアレルギーの発症率が低いって言われているけど、アレルギー0ではないから油断はできないんだ。今回は、トイプードルがかかりやすいアレルギーについて紹介するね。

アレルギーというと人間がかかるものと思っている人が多いでしょう。しかし、最近ではペットにもアレルギーが発症する事が多くなってきています。

中でもトイプードルは、アレルギーの発症率が低いと言われていますが、全発症しないというわけではありません。人間と同じように今まで発症しなくても突然、発症する可能性があります。

今回は、トイプードルがかかりやすいアレルギーについて紹介します。


\ 魚系ドッグフードならコレ /

チキンアレルギーは厄介

トイプードル レッド

犬がかかりやすいアレルギーは穀物やとうもろこしなどドッグフードの原材料に使われている食材で発症する事が多いです。

「穀物不使用」と書かれているドッグフードなどが売られていますよね。犬のアレルギー対応のドッグフードも多く販売されています。

穀物やとうもろこしなどドッグフードの原材料で発症する事が多い反面、チキンアレルギーは発症率が低いと言われています。

ドッグフードの原材料の豚肉・牛肉など肉類の中でも鶏肉はアレルギーになりにくいと言われていますが、全く発症した報告がないわけではありません。

発症率が低いチキンアレルギーが発見されているかというとドッグフードの原材料には鶏肉がほとんど含まれて鶏肉を使用したフードを食べている犬がほとんどです。

そのため、発症率が低いとはいえ、ドッグフードの原材料をたどればチキンアレルギーを発症しているかどうか発見する事ができます。

発症率が低いゆえに、ほとんどのドッグフードに鶏肉が使われているのでアレルギー対応が難しいです。

チキンアレルギーで避けるべき食材は、「鶏肉」「鶏脂」です。ただし、この2つはチキンアレルギーと診断を受けている犬のみの場合です。

また、人工添加物など化学合成物質が多く含まれている食べ物により、アレルギーを引き起こす可能性もあるので注意しましょう。

トイプードルがかかりやすいアレルギー性皮膚炎

トイプードル ホワイト

トイプードルがかりやすいアレルギーは、アレルギー性皮膚炎です。アレルギー性皮膚炎は、ノミやダニ、ハウスダスト、食物など様々な物質が原因で皮膚に炎症を引き起こします。

主にアレルゲンとなる物質を吸引・接触、アレルギーを持つドッグフードを食べたりすることで起こります。

トイプードルは抜け毛がない分、毛が巻き毛で皮膚に汚れが溜まりやすいです。毛の汚れや毛を整えておかないと、皮膚が清潔に保てずアレルゲンの摂食により皮膚炎を発症してしまいます。

アレルギー性皮膚炎の症状は、「皮膚などに強いかゆみ」「強い痒みによる出血」「フケや脱毛」です。

特に顕著に表れるのが、皮膚の強いかゆみやフケ、脱毛です。症状が表れると痒い部分を自分で引っ掻いたり噛んだりするので出血してしまう事もあります。

また、痒みで赤くなった部分をしきりに舐めている場合は、アレルギー性皮膚炎になっている可能性が高いです。

アレルギーは完全に完治するものではないので、日常生活に支障をきたさない程度に症状をコントロールする事が重要です。

症状をコントロールするためには、アレルギー発症の原因となるアレルゲンを徹底的に避け、痒みを抑える薬を服用することが大切です。

トイプードルの場合、アレルゲンの避けるほかに毎日ブラッシングをして毛を整え、通気性を良くする事も大事です。

愛犬がどんなアレルギーがあるのか、検査しておくことも大事です。検査をしていないと、アレルギーを発症した時に何のアレルゲンなのか特定・治療も大変です。アレルギー検査をしておくことをおススメします。

アレルギー対応のドッグフードの選び方

トイプードル レッド

アレルギー対応のドッグフードはたくさんあるので、何を参考に選べばいいのか選ぶ際のポイントを紹介します。

原材料にアレルゲンがないか確認

愛犬にアレルギーがあると分かったら、検査結果を参考にアレルゲンとなる食材がドッグフードの原材料に含まれているか確認しましょう。

アレルゲンの食材が含まれていたら、アレルゲンが含まれていないドッグフードにすぐに変えましょう。

また、アレルギーを発症していなくてもアレルギー予防として穀物やトウモロコシ不使用など原材料の多くを占めている食材のドッグフードを避けた方がいいです。

安いドッグフードは、人工添加物がたっぷり含まれています。人工添加物は消化しにくいのでアレルギーを誘発する可能性が高いので安い・添加物だらけのドッグフードも避けてください。

\ 肉嫌い・アレルギーが気になるトイプードルへ 

一ヶ月で使い切れる量を選ぶ

ドッグフードは一度開封すると酸化するのが早いので、一ヶ月以内に使い切れる量を選びましょう。

ドッグフードに記載されている賞味期限は、あくまで「開封していない状態での賞味期限」です。開封した瞬間から酸化が始まります。

酸化進んだドッグフードは栄養素・美味しさも失われ逆に、消化不良など体調不良を引き起こす食べ物になります。

健康目的のために作られたドッグフードを選ぶ

健康目的に作られたドッグフードは、栄養素がたくさん含まれています。特に抗酸化作用のあるビタミンEは、皮膚疾患に効果が期待されています。

また、オメガ3脂肪酸系の不飽和脂肪酸も犬のアレルギー反応を抑制する働きがあると立証されており、アレルギーがある子におススメです。


\ 魚系ドッグフードならコレ /

まとめ

トイプードル レッド

トイプードルのアレルギーは、他の犬種より一層清潔が大事です。巻き毛ゆえに汚れも溜まりやすくダニやノミなどアレルゲンの温床になりやすいので、毎日のブラッシングや散歩後の体を清潔にする事が重要です。

食物アレルギーの場合なら、アレルゲンとなる食材を、アレルギーがなくてもアレルギー誘発の可能性が高い食材は避けましょう。

人間も今までアレルギーがなかったのに、ふとしたことでアレルギーが発症する事があるのと同じで、犬もいつアレルギーを発症してもおかしくない時代となっています。

愛犬の健康を守れるのは飼い主しかいません。まだ、愛犬のアレルギーについて把握していない人はアレルギー検査をしてアレルギー予防をしましょう。

\ 楽しくしつけを学んで、犬との幸せな関係を /

コメント

タイトルとURLをコピーしました